YURENIKUIベーシック購入してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月に入りだんだん日差しが暑いなーと思う日が増えてきました。

暑い時期のロング走トレーニングには水分補給が必須ですが、平日にCAMELBAKを背負うのも気が引けるし、ペットボトル手持ちもなー。

という事で、ペットボトルをポーチに収納しても、揺れにくいポーチYURENIKUIを購入してみました。

YURENIKUI

「揺れない!」とは言い切れませんが、限りなく「揺れにくい快適に走れる」ボトルポーチが欲しい、そんな思いで開発したその名も「YURENIKUI(ゆれにくい)」

普段のRUNは水分にスマートフォンを、レースの時は水分にたっぷりのエネルギー系を入れても「揺れが気にならない、重さがきにならない」走っても揺れにくいボトルポーチです。

皆さまのランニングを楽しく、快適にアシストをするマストアイテム。

「YURENIKUI」をRUNのパートナーにして楽しいランニングライフを!

YURENIKUI ベーシック

背面にボトル、前にポケットを配置。

カラダへの接地面を多くとるようにすることで、安定感、フイット感が 大幅に向上しました。

着けると言うよりは、カラダに挟む、サンドすることでフイット感が生まれます。

※概ねの方はベーシックモデルで対応いただけます。

対応サイズ:W60~95㎝

という事で、ベーシックのオレンジ×シルバーを早速発注。2日後に到着しました。

感想

現状使っているNIKEのポーチは、スマートフォンと小銭少々でいっぱいいっぱいな感じなのですが、こいつは前面のポーチにスマートフォンを突っ込んだとしても、まだまだ入る大容量です。

背面にもスマートフォンを突っ込めそうなメッシュポケットと、鍵や小銭が入りそうなジッパーポケットもあります。

ボトル収納部の横にもジェルポケットがあり、ボトル収納部の下部にもカラビナ等でなんかつけられそうですね。

さらに500mlペットボトルのキャップと交換すると、簡単に開閉できて飲みやすいペットボトル用キャップもついていました。

購入初日の夜runで装着して、給水しながら15km程jogしてみましたが、しっかり締めると確かに揺れにくい感じですね。

お試しだったので、前面ポケットには何もいれず、背面のメッシュポケットにスマートフォン、500mlペットの水にキャップを付け替えて装着。

5:30/kmペースぐらいでは、フィットして揺れは気になりませんでした。

もう少しペースを上げると、若干気になるかもしれないので、次回はペースアップした時の装着感を確認してみます。

ちなみに、お試し初日のラスト1kmで雨に降られて、初日からダダ濡れのYURENIKUI。。。orz

防水性能は期待できない感じなので、NURENIKUIも考慮してくれたらなお良いのかもしれません。

個人的には、重量も考えつつ、シルナイロンで、もっと派手な色調で作ってみるというのもいいかな?と思ってしまいました。

NURENIKUI開発してみようかな?パクリ過ぎで訴訟沙汰になるかもwww

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    これは便利な一品ですね。
    歩きながらという用途ではなく、ボボさんのように走るとなると
    手持ちもあれですし、かといって走りの邪魔にはならなくて
    それでいながら、最低限の積載能力はあるという贅沢な一品かと。

    オレンジにブラックがスポーティーな感じがします。
    これをつけて走っているボボさんはかっちょええんでしょうね~

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      >歩きながらという用途ではなく、ボボさんのように走るとなると
      >手持ちもあれですし、かといって走りの邪魔にはならなくて
      >それでいながら、最低限の積載能力はあるという贅沢な一品かと。
      夏場に長い距離を走る場合など、途中の自動販売機やコンビニで手軽に水分を追加できるのがいいなーと思いました。
      しかもユサユサ揺れないですしね。天候によっては、休日低山にも使えそうかなと。

      >オレンジにブラックがスポーティーな感じがします。
      >これをつけて走っているボボさんはかっちょええんでしょうね~
      アラフォーのオッサンですから、かっちょよくはないかとwww
      オレンジは見た目で元気が出てくるので好きです。グッズでモチベーションを上げにかかる、一種の自己催眠的な役割ですかねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です