XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)受験報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みしていたXMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)ですが、進捗が思わしくなかった事もありこっそり延期していましたが、本日受験してきました。

XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)申し込みしました
実家から発掘してきたXMLマスター:プロフェッショナルのテキストと問題集。 発掘から1年ほど放置していたのですが、受験料20%...

受験会場

パワーデポ弘前店2Fが会場でした。

水曜日は店舗がお休みのようで、裏側の階段から会場へ入りました。

20160803-01

試験開始前

プロメトリックの受験は久しぶりでしたので、確認書や注意事項をじっくり読んでいきました。

受付では、確認書、本人確認書類2点が必要となります。

受付で注意事項を確認後、受付簿に受付時刻、注意事項を確認したチェックをして、自分の氏名をフルネームで記載します。

腕時計や筆記用具、携帯電話の持込みはNGで、開始時間前までにロッカーに入れ、カギをかけました。

試験会場へは、IDが記載されたパスケース、本人確認書類、ロッカーの鍵をもって入室し、IDを入力して試験開始となりました。

試験開始

40問を90分以内に解答し、80%以上で合格となる試験です。

序盤はDOM/SAXやWSDLの仕様に関しての知識問題が多いのですが、序盤から既にうろ覚えで答えに窮する感じ。。。

その後、DOM/SAXで処理した結果や、欲しい結果を出力するにはどのロジックを使うかなど、脳内でプログラムを実行しながら解答して行く問題が続きます。

「資料」ボタンで表示される別ウィンドウと、本文を行ったり来たりスクロールしての解答が必要で、1問1問じっくり解いていくのですが、刻々と時間が削られていきます。

20問解答を終えて残り時間60分程度。

中盤からは、SOAPや、複数のXML Schemaのinclude/importなどが出題されてきました。

残り10問くらいで、残り時間40分。

その後、電子署名や暗号化の知識問題や、XSLTスタイルシートで変換した結果が妥当な文書かなど、じっくり考えないとダメ系の問題に頭を悩ませていました。

残り5分でやっとこさ1周し、微妙に見直している間にタイムアップとなりました。

結果

合格得点:80% あなたの得点:40% 結果:不合格

20160803-02

試験中の感覚では6割はいけていると思っていたのですが、まさかここまでの惨敗とは。。。

セクションごとの正解率は下記の通り。

DOM/SAX 60%

DOM/SAXプログラミング 40%

XSLT 20%

XML Schema 0%

XML処理システム構築技術 30%

XML要素技術の活用 70%

学習経緯

開始日

2016年5月27日

総時間

17時間

内訳

テキスト読み1周 5時間

問題集2周+誤答復習 12時間

感想

頑張ってそれなりに仕上げたつもりだったのですが、やはりプロフェッショナルの名にふさわしい難しさでした。

CBT形式の試験で不合格となったのは、Oracle Masterの初戦以来のような気がします。

受験料割引キャンペーンにつられて、気軽に受験できる代物ではなかった。。。

弁理士短答試験以来のボロボロの結果に、今後の身の振り方を考えざるを得ません。

この調子ではXMLマスター:プロフェッショナル(データベース)もボコボコにされること間違いなしなので、丁重にキャンセルさせていただくことにします。

受験料割引ではなく、セカンドショットキャンペーンくらいやってくれないと、うかつに手を出せない恐怖感が芽生えてしまいました。

次の受験はいつになることやら。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です