第32回わかさぎマラソン大会 雷雨のため中止になっちゃいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第32回わかさぎマラソン大会に行ってきました。

第32回わかさぎマラソンにエントリーしました
2017年7月22日開催の、第32回わかさぎマラソンにエントリーしました。 わかさぎマラソンとは 町湖水祭のイベントの一つとして行われ、...

会場到着

受付開始時刻の8:00に到着する予定だったのですが、道中メチャメチャ豪雨だったにも関わらず傘を忘れてコンビニへ。

傘とグリーンダカラを購入したら、700円以上はくじ引きできますよーと言われ、引いたらアクエリアス2リッター引換券ゲット。

若干の運気をここで使いつつ、8:15に駐車場到着しました。

車から降りた地面がかなりの水たまりで、のっけから両足濡れるという悲劇に見舞われながら、傘をさして受付へ向かいます。

傘やカッパで雨よけをしている人が大半ですが、ずぶぬれ覚悟の上半身裸というのもいさぎよくて素敵ですね。

参加者受付

参加通知書と引き換えに、プログラム、ICチップ付きのゼッケン、Tシャツ、ULOSを頂きます。

プログラムの最終ページに、ちくわ引換券があったので引き換えに。

ちくわをゲットして、車に戻ろうと歩いていると、

「今のところレースは予定通り10:00スタートですが、雨のため開会式は中止にします」

とアナウンスされていました。この時点で不穏な空気が漂ってました。

車に戻ってゼッケンをつけて待機。

スタート前の整列

09:30くらいまで、天気予報をながめたり、本を読んだりとまったりすごしていましたが、そろそろトイレに行って整列しようかという時間。

傘も差さずに車から降りて、あとは走るだけの状態でスタート地点に向かいました。

が、警察の方が「交通規制が解除されましたので、道路の真ん中は走らないでくださーい」とアナウンスしてました。

トイレから出てよくよく聞くと、レースは中止になったので、ICタグを返却して解散的な感じになってました。

という事で、流れに乗ってICタグを返却し、そのまま帰路につきました。

感想

夏休み前の最後のレースで、雨で気温がそれほど上がらない状況だったので、走っときたかったですねー。

昨年の記録をどのくらい上回れるのか楽しみだったんですけどね。

道中の豪雨っぷりかと、天気予報を見ていた時に、洪水警報、大雨注意報、雷注意報が出てたので、ヤバそうだなーと思っていたのと、帰ってやる事あったので、そういう日なんだなーと思いました。

湖畔の見晴らしのいい道路を走るレースなので、雷はなかなかの危険度ですし、洪水警報もおっかないですしね。

レースは9月以降に持ち越しですね。

8月からは毎日の夜runが難しい状況になるため、心拍計を駆使しつつ、室内でできるゼーハートレーニングを工夫して行かないと。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    そちらの方の雨凄かったらしいですね。

    ニュースでやっていました。

    マラソン大会中止になった場合って、延期とかにはならないのですか?

    参加費とかどうなるのかな?

    とちょっと気になりました。

    走れない気持ちの方がつらいと思いますけど。

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      青森県もなかなかの豪雨でしたが、秋田県の方が被害が凄かったみたいですね。

      >マラソン大会中止になった場合って、延期とかにはならないのですか?
      >参加費とかどうなるのかな?
      事前に開催できないことがわかっていれば延期などもあるかもしれませんが、当日の天候で中止だと運営費もかけちゃってるので参加費も返せないのではないかと思います。
      申し込み時に但し書きがあるケースがほとんどだと思いますし。

      >走れない気持ちの方がつらいと思いますけど。
      せっかく準備したからには、雨でも走らせてほしかったなーと思います。
      でも、強行して事故が起きたら、翌年からの開催が危ぶまれるので、やっぱり安全第一ですかねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です