大雪山遠征時のグルメ(レース後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々なハプニングを乗り越えて完走した第6回大雪山ウルトラトレイル。

第6回大雪山ウルトラトレイル 幾多のハプニングを超えて無事完走
申し込みしていた第6回大雪山ウルトラトレイルに出走してきました。 大会前日 青森→函館→札幌→旭川と、フェリーとバスを乗り継いで...

ツアーバスで旭川駅まで戻ってきて、まずはお風呂で落ち着きました。

天然温泉みなみぴりかの湯

旭川駅から徒歩5分程、みなみぴりかの湯へ。

受付でタオルをもらい、汗を流します。

ジェットバスで筋肉をほぐした後は、炭酸泉と露天風呂につかります。

その後、42℃前後のやせがまんの湯につかり、15℃ほどの水風呂につかるという交差浴でしっかり冷やしてきました。

たくさんの種類があってなかなか楽しめました。もっと時間がある時に来たいですね。

入浴料 \1,200

大雪地ビール館

お風呂でサッパリしたらやっぱりビール!という事で帰りのバスの窓から見えた大雪地ビール館へ。

観光客がジンギスカンを食べながら地ビールを飲むにはもってこいの場所ですね。

ジンギスカンを一人でというのも味気ないので、レストランのカウンターで地ビール飲み比べセット。

サイズがわかりにくいですが、小ぶりな100mlくらいのグラスに5種の地ビールが入ってきます。

フルーティなのや、スッキリした苦味のや、コクのある黒ビールなどを飲み比べつつ、鹿肉ジンギスカン風をいただきます。

鹿肉の旨みもビールに合いますね。ガーリックチップがいいアクセントになってます。

旭川産笹豚ソーセージ盛り合わせも、それぞれ違った美味しさでバッチリ。粗挽きが一番好みです。

知床鶏のザンギもビールに合うことこの上なし。

結局飲み比べセットだけでは満足できず、空知ヴァイツェンと大雪ピルスナーをグラスで追加して大満足の地ビール館でした。

えぞ鹿肉(北海道産)のジンギスカン風ガーリックチップのせ \780

旭川産笹豚ソーセージ盛り合わせ \850

知床鶏のザンギ \650

地ビールお試しセット \1,200

空知ヴァイツェン \500

大雪ピルスナー \500 ごっそさんです。

札幌再び

旭川からバスで札幌へ戻ってきました。狸小路では狸祭やってたみたいですね。

あーすすきの。ガッツリ飲んで行きたいところですが、さらに函館までバス移動なので深酒はキツイ。。。

すみれ すすきの店

札幌ラーメンも食べて帰ろうという事ですみれへ。けっこうな行列ができてました。

入口で食券を購入して、まずはスミレビールで乾杯。無濾過のケルシュが爽やかな一杯。

ほどなく味噌ラーメンが出てきました。トッピングで辛玉も。

アツアツな感じを保つために表面が油でコーティングされた味噌ラーメン。

ひき肉とメンマがいいアクセントになって、やさしい味噌の味が引き立ってますね。

三分の一ほど食べ進めたところで辛玉を投入。

ジワジワととけて辛みが強くなっていきます。

最後はなかなかの辛さのスープを飲みほして、残りのビールを飲みほして完食でした。

みそらーめん \910

辛玉 \100

スミレビール \600 ごっそさんです。

函館フェリーターミナル

深夜バスで札幌から函館フェリーターミナルへ。すっかり朝ですねー。

時代は朝ビール!ってことで、北海道限定のサッポロクラシックと、売店のコロッケで朝ビールを楽しみました。

朝っぱらからほろ酔い加減で、ハートのモニュメント越しにフェリーを眺めてました。

次回は家族でルスツリゾートへ行きつつ、北海道トレイルランニング大会inルスツ参戦というのもいいなーとか。

また来たいなーと思ってしまう北海道遠征でございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. トモコ より:

    ルスツのトレイルランニングについて調べたら
    去年までは湿地帯を走る
    80キロのコースもあったんですね。
    コースを作るお金がなかったんだべなと
    勝手に推理しました。

    無駄に山ばっかりある北海道なんだから
    それを楽しいイベントに生かせないのは
    けっこうもったいないぞ!と
    思ってしまいます。

    あ、でもルスツリゾートは
    遊園地もあるし家族旅行にオススメです。

    • ボボ・ブラジル より:

      >トモコさん

      ありがとうございます。

      >ルスツのトレイルランニングについて調べたら
      >去年までは湿地帯を走る
      >80キロのコースもあったんですね。
      色々調整事項が多い割にメリットが少ない的な判断で60kmコースがメインになったみたいですね。

      >無駄に山ばっかりある北海道なんだから
      >それを楽しいイベントに生かせないのは
      >けっこうもったいないぞ!と
      >思ってしまいます。
      せっかくだから雄大な自然の中で、長いコース走らせてほしいなと思いますが、コースが長ければ運営もそれだけ大変なので、開催していただけるだけありがたいです。

      >あ、でもルスツリゾートは
      >遊園地もあるし家族旅行にオススメです。
      家族を巻き込まないと、いっつも一人で楽しんでーって言われるので、リゾート絡みのレースでポイントアップを図りたいなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です