平成29年度システム監査技術者試験受験報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みしていた平成29年度システム監査技術者試験を受験してきました。

平成29年度システム監査技術者試験申し込みしました
平成29年度春期情報処理技術者試験の申し込みが始まりました。 プロジェクトマネージャ試験とシステム監査技術者試験、どちらにしようか迷っ...

試験会場

会場は例年通り青森中央学院大学。

正門前には情報処理技術者試験会場の貼り紙と…

情報処理安全確保支援士試験会場の貼り紙が両方ありました。

今回から試験名称変わりましたもんね。

また来ましたよー。今年は何回来る感じですかね。

青森の桜はまだぜんぜん春らしさありません。花粉症がそろそろおさまりそうか?という感じです。

会場入り

午前Ⅰは免除のため、10時頃に会場入り。

各種試験の教室が貼り出されています。

高度区分の申込者数は、PM:8名、DB:24名、ES:2名、SC:36名、AU:5名でした。

PM、AUはまだしも、ES少なっ!エンベデッド!

試験教室はSCと一緒でした。

午前Ⅱ

4択問題25問を40分で解答します。

試験開始から20分で解答終了。不安な問題は8問程度。

花粉症対策で朝に飲んできたアレジオン20が効いたのか、眠くて眠くて。。。

残り時間は机の上に突っ伏してタイムアップ。

昼食

今回は経費節減のため、家から持っていったスティックパン6つと、水筒に入れて持っていったホットコーヒーで昼食。

午後対策はあんまりできてないのですが、時間がないので午後Ⅰ過去問の問題は見ずに、解答だけ読んで解答傾向を復習。

昼休憩中の試験室内で、知り合いと昼食を食べながらしゃべり続けているアラフィフ?の方に、軽く咳払いと睨みをきかせつつトイレに行って午後に備えます。

午後Ⅰ

読解問題3問中2問を1時間30分で解答します。

3問分の問題文と設問を5分程度でななめ読みして、問3はネットワーク統合ということでややこしそうと思い、問1と問2を選択。

問1の在庫管理システム統合計画の監査からスタート。

問題文を読み進める中で、キーになりそうな箇所と、違和感のある箇所に線を引きつつ読み進めます。

設問と照らし合わせて、一通り埋めて40分程度経過。

問2はシステム開発における品質管理の適切性。

設計書のレビューや指摘密度についての各部署での見解で引っかかるところを気にしつつ読み進めます。

こちらも設問と照らし合わせながら、引っかかりのあった内容を埋めていきます。

一通り埋まったので、終了時間25分前に退出して、午後Ⅱのサンプル論文の骨子を読んでました。

午後Ⅱ

最後の難関論文試験は、2問中1問を選択して概要800字以内、設問に応じた具体的内容を700字~1400字で記載する設問が2題、2時間で書き上げます。

問1:情報システムに関する内部不正対策の監査

問2:情報システムの運用段階における情報セキュリティに関する監査

という事で、各々どんなキーワードがだせるかなーと考えた上で、問1の方が少々思い浮かんだ数が多く、ストーリーがよさげかな?という事で問1を選択しました。

大枠として、電子カルテの記録改ざん対策と、アクセス規制および情報漏えい対策について監査方針と実施方法を各々書く感じにしてみました。

設問アの概要で、後の展開を踏まえた導入部をかくのに若干手間取ってしまい40分経過。

設問イ、設問ウの整合性を考えながら、徐々に時間が無くなってきて殴り書きに。。。

アクセスログの監査やら、権限確認やら、USB接続規制、システム管理者の監査など、よさげと思ったネタを散りばめ、終了時間20分前にフィニッシュとなりました。

感想

午前Ⅱの準備は相応にしていたのですが、やはり午後対策はモチベーションが上がらず、テキスト読みと過去問の解答をながめるのみで試験を迎えてしまいました。

毎回こんな感じになってしまいますねー。

と書いている間に午前Ⅱの模範解答出ました。

午前Ⅱは20/25で80%正解で通過見込みとなりました。

午後Ⅰもそれなりに書けた感触はあったので、論文勝負の装い。

ITサービスマネージャ試験の時と同じく、心優しき採点者に私の論文が読まれることを祈ります。

一人打ち上げしながら受験報告書いてたらずいぶんと時間がかかってしまった。。。ほろ酔い。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です