2020年度版 ALL IN ONE パーフェクトマスター システムアーキテクトを購入しました

14年ぶりの受験となるシステムアーキテクト。

2021年は春期と秋期の区分入れ替えが発生した情報処理技術者試験。 システム監査技術者試験の惨敗により午前免除が途切れてしまったので、...

流石に過去問だけでは微妙だよなーという事で、購入したことがないTACのテキストを購入してみました。

2020年度版 ALL IN ONE パーフェクトマスター システムアーキテクト

2021(令和3)年度春期試験にも対応!

午前Ⅱ試験・午後Ⅰ試験・午後Ⅱ試験の攻略テクニックをこの1冊に!

システムアーキテクト試験に合格するためには、

・午前Ⅱ試験―キーワードについての四肢択一式問題

・午後Ⅰ試験―長大な問題文と図表を読み解き、設問の要求に沿った解答を記述する記述式問題

・午後Ⅱ試験―問題文の例示も参考にして、設問の要求に沿った論文を作成する論述式問題

の3つ(※)の異なる試験を突破しなければなりません。

本書は、それぞれの試験問題に対し、要点整理と記述/論述テクニックの解説そして問題演習を組み合わせた、合格のためのすべてを一冊に凝縮したテキスト&トレーニング集です。

特に記述/論述テクニックは、三段跳び法、ステップ法、ユニット法など、TACならではのテクニックを解説。

本番でもあわてることなく記述、論述(論文作成)することができるテクニックを伝授します。

※高度情報処理技術者試験8試験種と情報処理安全確保支援士試験には、「午前Ⅰ」という共通試験がありますが、免除制度の利用者には不要ということもあり、本書には、午前Ⅰ対策は含まれておりません。姉妹書の『ALL IN ONE パーフェクトマスター 共通午前Ⅰ』をご利用ください。

【2020年度版 ALL IN ONE パーフェクトマスター システムアーキテクト】情報処理の資格の書籍を網羅!資格の学校TACの書籍販売サイトであなたにピッタリの講座をご紹介します。

感想

今回は午前Ⅰからの参戦となりますが、午前Ⅰは早起きできれば、過去問をたたき込む対策でなんとかなるかと思っています。

テキストとしては、午後Ⅰ対策と午後Ⅱの論文対策が、翔泳社のEXAMPRESSシリーズと比較してどうかという点が気になるところですが、解き方のテクニック解説が多めなところがTACならではという感じ。

シンプルに要点を解説するEXAMPRESSシリーズとは逆の路線で、好みが分かれるところではありますが、これはこれで新鮮味がありますね。

漢字検定準1級試験が終わり次第読み込みつつ、過去問をこなして行こうと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク