0泊3日資格試験ツアーin札幌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス実務マナー検定の面接試験に絡めて、どうせ行くなら格安でたくさん楽しめる遠征にしたい!

という事で「0泊3日資格試験ツアーin札幌」と銘打って、詰め込めるだけ詰め込んだツアー日程を組みました。

コンセプト

  1. 資格試験がメインなので、移動費・宿泊費は極力安く済ませる。
  2. 時間が許すなら、トレーニングを兼ねて長距離の徒歩移動も辞さない。
  3. 頭と体をフル稼働させるには、栄養が必要なため食費はケチらない。

というコンセプトに見合ったツアーとして日程を組みました。

移動手段

コンセプトに基づいた移動手段として、津軽海峡フェリー+高速はこだて号のセットで、青森→函館→札幌を片道6,000円で移動できる津軽海峡物語という格安セット券の存在が浮上。

以前は急行はまなすという、JR夜行便もあったのですが、北海道新幹線開業とともに姿を消してしまいましたし、有無を言わさずこれに決定。

津軽海峡フェリーと北海道中央バスに、別々に電話予約が必要という煩雑さはありましたが、無事ツアーの準備が整いました。

ツアー1日目

資格試験ツアーの前に、ハーフマラソンと登山を組み込んだ強行日程。

詳細はこちら。

第31回わかさぎマラソン大会 ハーフサブ100達成しました
第31回わかさぎマラソン大会に出走してきました。 会場到着 受付が8:00からということで8:10くらいに到着したのですが、スタ...
青森県の山(29)水ヶ沢山登頂しました
第31回わかさぎマラソン大会を気持ちよく走り終えたため、次の予定までまだ時間がありました。 ということで、移動経路上に近く、所...

津軽海峡フェリー 青森フェリーターミナル

17:05発のフェリーに乗船するため、16:00くらいに青森フェリーターミナルへ到着。

20160723-29

受付カウンターで、事前に予約していた予約番号と、津軽海峡物語での予約である事を伝え、往復分のチケットを購入。

乗船・乗車ごとに予約番号があるので、フェリー+バスの往復分の4つの予約番号を伝達します。

現金払いのみでの対応なので、12,000円を現金で支払いしました。

20160723-30

マラソン・登山時と違って晴天です。結果的にマラソンでPB出たので良しとしよう。

ターミナル内は人気が少なく、非常にきれいな印象でした。

20160723-31

青森ならではのねぶたも展示してありました。

そこらの鉄道駅よりは、よっぽど清潔感があって、今後も利用したくなりますね。

20160723-32

ターミナルから直接乗船できる船(ブルーマーメイド・ブルードルフィン)と、車やバイクと一緒の入口から乗船する船(びなす・えさん2000)があるようです。

今回はびなすのため、出航30分前にターミナルからバスで乗船口まで移動して、徒歩で乗船となりました。

フェリー乗船

フェリーに乗るのは、結婚1年後のペーパームーン以来でしょうか。

幸せな記憶がよみがえってきます。と言っても、今も十分幸せですけどね。

20160723-33

デジカメを持ってこようとして忘れたため、写真やら地図やら何やらで酷使されたスマホを充電するため、2等展望室のコンセント付近を確保。

乗客も少なめなので、静かにテキスト読みをしながら到着までの3時間40分を過ごします。

20160723-34

天気が良ければ外部デッキに出られるのですが、強風のため閉鎖されていました。

20160723-35

2等船室に戻り、うとうとしながらテキスト読みしながら過ごしました。

海上だからかそれなりに涼しく、仮眠をとるならバスタオルや毛布があった方が良いかもしれませんね。

350円で毛布をレンタルしてくれるようですが、そこまででもないかと試験準備をしているうちに函館に到着しました。

函館フェリーターミナル

トラックや自家用車・バイクが下船した後に、乗客の人数確認をしてようやく下船となります。

時刻は20:55。あたりはすっかり暗くなっていました。

20160723-36

昼間はフェリーターミナル→函館駅のシャトルバスがあり、津軽海峡物語で購入するとバスチケットも込みで購入できます。

が、シャトルバスは8時台から18時台までしか出ていません。

下船1時間前までに、函館タクシーを予約して呼び寄せておけば、バスチケット310円分をタクシー料金に充てられるサービスもあったのですが、マラソンのダメージが少なかったため最寄駅まで徒歩で移動することにしました。

20160723-37

直近の駅は、徒歩15分程度の七重浜駅なのですが、電車は1時間に1本程度でギリギリ間に合わなそう。。。

次に近い駅は、徒歩40分程度の五稜郭駅となります。

函館タクシー呼んどけば良かったと若干の後悔を胸に、覚悟を決めて五稜郭駅へ徒歩移動しました。

五稜郭駅

暗がりの人気のない道を40分歩き、線路を超えるため歩道橋を渡って五稜郭駅に到着。

20160723-38

函館行きの次の電車は特急北斗。

運賃210円の他に、特急料金310円がかかるとのこと。

特急って1駅ですけど。。。納得いかねー!ということで13分待って普通列車で函館へ向かいました。

函館駅

時刻は22:20。ようやく函館駅に到着しました。

北海道新幹線なら1時間30分程度のところ、だいぶ時間はかかりました。

20160723-39

遅い夕食をとって、バス案内所で津軽海峡物語チケットで、バスチケットを入手しました。

20160723-45

出発時間23:25の10分前くらいにバスプールにバスが到着。

ちょうどコンセントありの席に着席し、スマホのバッテリーを充電しながら就寝。

ツアー1日目が終了しました。

20160723-46

ツアー2日目

札幌駅

時刻は朝5:25。札幌駅前バスターミナル到着しました。

北海道の朝は涼しくてすがすがしい。

20160724-01

高速はこだて号の深夜便に乗車すると、ニコーリフレの500円入浴券(男性限定)がもらえます。

※女性は別な温泉の割引券のようです。

早速札幌駅からすすきの目指して徒歩で移動。

札幌市時計台前を通過。

20160724-02

時刻は6時前なのに、記念撮影をしている観光客が。

シャッターをお願いされました。高確率で頼まれるのですが、そんなに頼みやすい雰囲気ですかね?

大通公園ではJAZZフェスティバルが行われるようです。

20160724-03

ニコーリフレ

フェリー→バスと乗り継いでべたべたの顔と体をサッパリするために朝風呂です。

20160724-04

他ルートの深夜バスで移動してきたお客さんも多いのか、シューズロッカー満杯で、フロントに靴を預かってもらって入店。

ロウリュが有名なようですが、8時台から開始らしく体験できませんでした。

温泉、サウナでスッキリしたらスーツに着替えて試験に備えました。

資格試験3連戦+スープカレー

ビジネス統計スペシャリスト受験報告
ビジネス実務マナー検定の面接試験と抱き合わせで申し込みしていた、ビジネス統計スペシャリストを受験してきました。 受験会場 札幌市...
札幌スープカレー食べくらべ
0泊3日資格試験ツアーin札幌。 ハードなスケジュールの中でも、食にはこだわりたい。なんといっても頭と体が資本ですから。 海鮮や...
コンタクトセンター検定試験 オペレーションレベル スーパーバイザー資格受験報告
ビジネス実務マナー検定の面接試験と抱き合わせで申し込みしていた、コンタクトセンター検定試験 オペレーションレベル スーパーバイザー資格を受験...
第51回ビジネス実務マナー検定1級面接試験受験報告
筆記試験免除のラストチャンスとして、申し込みしていたビジネス実務マナー検定1級面接試験を受験してきました。 試験会場 今回の会場...

札幌駅前ターミナル

帰りのバスチケットをもらいに窓口へ。

予約時は最後尾の4人がけの真ん中という最悪な配置だったのですが、空席があったため独立したシートに変えてくれました。

20160724-12

往路のバスと違うのか、シート脇にUSBケーブルで充電できる口がついていました。

バッテリー残量15%だったので、ありがたく充電させていただきました。

20160724-17

有珠山SA

夜行便と違い、昼行便は運転手1名での運行のようで、2回程長めの休憩をとっていました。

20160724-19

有珠山も登ってみたいな。夜景がきれいでした。

20160724-18

そういえばバスの外観撮ってなかった。北斗交通のバスだったかな?

20160724-20

バスは五稜郭駅で23時過ぎに降車し、ふたたび函館フェリーターミナルまで徒歩移動。

歩いている間に日が変わってしまいました。

ツアー3日目

やっとこさ戻ってきました函館フェリーターミナル。

20160725-01

深夜だけに人影は少ないと思っていたのですが、自衛官が移動に使用するようで2階フロアーは迷彩服であふれていました。

20160725-02

乗り継ぎが微妙で、0時台に到着したのに出航は3:10。

待合室で次の試験に向けたテキスト読みを行いながら乗船時間を待ちます。

フェリー乗船

乗船準備ができたということで、ボーディングブリッジから直接乗船しました。

20160725-03

2等船室は、予約席、ファミリー向け、レディース専用、一般用と、自衛官向けの張り紙がある部屋に分かれていました。

特に指定のない一般用の部屋に横になり、即就寝となりました。

やっぱり肌寒いので、長袖長ズボンか、バスタオル、毛布が欲しい感じがしました。

20160725-04

青森港到着のアナウンスがあり、起床した後でキッズルームを見学。

小さな子供連れでも、ある程度は楽しめるかもしれませんね。今度は娘も一緒にというのもいいかも。

20160725-05

青森フェリーターミナル

やっと帰ってきた安心感。6:50に青森フェリーターミナルに到着しました。

20160725-06

朝日に輝くブルードルフィンに別れを告げます。

20160725-07

そしてこの後、余力があったため眺望山へ向かったのでした。

青森県の山(27)眺望山登頂しました
0泊3日資格試験ツアーin札幌から戻り、体力的にも余裕がありそうだったので移動経路に近い眺望山に登ってきました。 眺望山(ちょうぼうさん)...

感想

0泊3日で、資格試験3連戦+マラソン+低山2座登頂という過酷なスケジュールをこなしたにも関わらず、それほど疲れは出ませんでした。

高速バスのみだと首や腰に負荷がかかり、微妙な疲れが残りやすい気がします。

やはりフェリーで横になって眠れるというのが、疲労回復につながっているのでしょうか。

もしかしたら、スープカレーの滋養強壮効果かも?スープカレー恐るべし。

この感じの疲労度だと、北海道マラソンも同じ感じでも大丈夫かなと思います。

青森⇔札幌間が、往復12,000円で行ける津軽海峡物語。

飛行機でひとっ飛びもいいですが、時間に余裕がある場合は、低予算でなかなかおすすめのルートかなと思います。

振り返ってみると1日1日がとても長かったなーと感じますが、一味違った充実感もありますよ。

電話予約だけでなく、ネット予約対応してくれるともっと使いやすいと思います。

関係者の方々、是非ご検討ください。

20160725-40

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. 秋田智紀 より:

    Σ(゚д゚lll)す、すげぇ… あまり運動しない私からすると、神の偉業にみえます。

    • ボボ・ブラジル より:

      >秋田智紀さん

      コメントありがとうございます。

      神の偉業とは大げさですよ!

      色々詰め込みすぎて、翌日以降の回復にはしばし時間がかかりました。
      ツアー時は1日1日が長く感じられて、結構充実してました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です