リチャードソン

最近はお安めボトルのオンパレードですね。

今回はリチャードソンを購入してみました。

リチャードソン

スペイサイド地域にあるGlen Morayのモルトを使用し、蒸留及び熟成はグラスゴー近郊のBathgateの工場で行います。

最低で3年以上熟成され、スコットランドでブレンドされます。

バルクでパリの工場に運ばれ、ボトリングします。

リチャードソンは世界15カ国以上で販売され、多くの愛飲家に親しまれています。

感想

スペイサイドのブレンデッドなんですね。

色は一般的なアンバー。

香りはそこまで特徴的な感じはないけど、少し甘めの感じがします。

口に含むとレーズン系の味わいから始まり、ナッツ系というか樽香というか香ばしい感じに変わります。

甘みは少な目で、深みのある香ばしさと酸味が織り交ざった味わいが特徴的。

スペイサイドのモルトだと、もう少し華やかなイメージがありますが、全般的に渋めの味わい。

1,000円前後で買えるボトルとしては、けっこう楽しめる面白いボトルです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク