限界突破マラソン練習帳「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニューを購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の秋はレースで撃沈する事が多かったため、どうやったらスピードと持久力を向上できるのかと悩みモードに突入しました。

そんな時は世に出ているトレーニング方法に頼ってみよう!という事で、限界突破マラソン練習帳を購入してみました。

限界突破マラソン練習帳「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー

自己ベストを更新する市民ランナーを続出させてきたカリスマコーチ。

その指導法の集大成といえるレース前10週間の練習メニューを初公開します。

その特徴は下記の通りです。

●「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」の目標タイム別に、最少のトレーニングで最大限の効果を出すメニュー。

●1週間ごとの目標をチェック。

●基本メニューに加えて、どうしてもそのメニューをこなせないときのアレンジメニューも紹介。

●メニューの重要度、レースに向けての達成度がひと目でわかる星(★)取り式。

「走った距離は裏切らない」という野口みずき選手の言葉は、多くの市民ランナーの励みとなっていますが、裏切らない練習は、中身が濃くて質の高いものに限られます。

岩本式マラソンメソッドは、世界の頂点で争う一流選手のために培われてきたメソッドではなく、あくまでも市民ランナー目線でマラソンという競技を捉え直した効率のよいメニューであることが特徴。

メニューをなぞって練習するだけで、ムダなくレースでの成功に近づけるのです。

自分が行った練習を書き込めて、達成度を確認できるダイアリー付きです。

感想

レースまで10週間のトレーニングスケジュールと、練習内容毎にレースで目標タイムをクリアできる基準となる★がついていて、レースまでにいくつ★をゲットしたかで達成確率が把握できる作りになってました。

収集癖のある私にはもってこいの星取りスタイルですねーwww

といいつつも初回のポイント練習からアレンジメニュー寄りになってしまいましたorz

ビルドアップ走のタイムの上げ方や、ペース走の目安などかなり参考になりますが、トレッドミルの練習しかできないので峠走をどう考えるか悩み中です。

トレッドミルでする峠走だと、斜度どのくらいで、スピードどのくらいが目安なのでしょう。。。Eペースで斜度0°~15°可変とかですかね。。。

10週間の構成ですが、京都マラソンまで残り5週間となってしまいましたので、途中参戦ですがサブ3.15の6週目途中からレースまで継続してみたいと思います。

忙しい中でスケジュール通り練習できるかどうかは、かなり微妙な感じが(というより別な欲が見え隠れwww)していますが、自信を持ってPBを狙えるよう準備していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です