第21回QC検定2級申し込みしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征費がかからない新たな資格ということで、QC検定2級へ申し込みしました。

品質管理検定 (QC検定)とは?

品質管理検定(QC検定)は、品質管理に関する知識をどの程度持っているかを全国で筆記試験を行って客観的に評価を行うものです。

第1回試験は2005年に行われ、現在は年2回(9月と3月)の試験が実施されており、最近1年間(平成25年度)では、全国で約10万5千名(内、高校生は約6,000名)の方にお申込いただき、合格者は累計27万8千名を超えています。

日本のほとんどの企業では、品質管理が実施されています。

この品質管理を実施するためには、そこで働く人々の品質管理に関する意識、能力、改善能力が重要です。

この品質管理能力、改善能力といった能力を発揮するためには、品質管理の知識だけでなく、個人のリーダーシップ力やモチベーション、それらを引き出す組織体制などといった多くの要素が関係します。

しかし、一番の基本となるのは品質管理に関する知識であることは事実です。

また、品質管理の知識といってもどのような問題を解決するのか、によって必要となる知識は異なります。

そこで「QC検定」では、企業においてどのような仕事をされているか(これからするか)、その仕事において品質管理、改善を実施するレベルはどれくらいか、そしてその管理・改善をするためにどれくらいの知識が必要であるかにより四つの級を設定しました。

対象となる方々は、主に以下のとおりです。

1級/準1級 品質管理部門のスタッフ、技術系部門のスタッフなど企業内において品質管理全般についての知識が要求される業務にたずさわる方々
2級 QC七つ道具などを使って品質に関わる問題を解決することを自らできることが求められる方々、小集団活動などでリーダー的な役割を担っており、改善活動をリードしている方々
3級 QC七つ道具などの個別の手法を理解している方々、小集団活動などでメンバーとして活動をしている方々、大学生、高専生、工業高校生など
4級 これから企業で働こうとする方々、人材派遣企業などに登録されている派遣社員の方々、大学生、高専生、高校生など

受検資格

各級とも制限はありません。

受検料(税込)

◆通常受検◆

1級 8,220円 1級・2級併願 12,340円
2級 5,140円 2級・3級併願  8,220円
3級 4,110円 3級・4級併願  6,170円
4級 3,080円

試験時間

1級 13:30~15:30(120分) マークシート・論述

2級 10:30~12:00(90分) マークシート

3級 13:30~15:00(90分) マークシート

4級 10:30~12:00(90分) マークシート

※ 準1級合格者の1級受検は、1級試験(マークシート・論述/120分)と同じになります。

詳細

申し込み方法

日本規格協会HPよりQC検定をクリック

申込方法・申込から受験まで->個人で申込み(WEB,郵便振込)をクリック

QC検定 個人WEB申込をクリック

利用規約と注意事項を確認し、利用規約に同意するにチェックを入れて、申込を開始するをクリック

受験級を選択し、情報入力(2)画面へをクリック

氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、希望受験地を入力し、確認・決済画面へをクリック

クレジットカード情報を入力し、申込を確定するをクリックで完了です。

意気込み

受験資格に制限がないため、いきなり1級を攻めるというのもありなのですが、1級だと仙台遠征になってしまうのと、論述ありということで2級での申し込みとしました。

問題例を見た感じだと、問題の理解自体はできているため、過去問を3回転くらいで大丈夫ではないかと考えています。

弁理士メインにしつつ寄り道が多いですが、新たなジャンルを楽しみながら進めていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です