白龍でじゃじゃ麺を堪能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回ビジネスマネジャー検定試験は盛岡での受験となりました。

盛岡といえば、わんこそば、冷麺、じゃじゃ麺などの麺系がメジャーどころ。

今回はじゃじゃ麺にチャレンジしてみました。

白龍

せっかくなので、元祖『じゃじゃ麺』の店と呼ばれている白龍へ行ってみました。

20151220-09

11時30分くらいに到着したのですが、扉を開けると10席くらいあるカウンターは既に満席。

4人掛けテーブル席に座ってメニューを確認します。

20151220-10

メニューにはじゃじゃ麺の美味しい食べ方が書いてありました。

食べた後の皿に生卵を割ってカウンターに出すと、ちいたんたんというたまごスープにしてくれるシステムがあるようです。

それでテーブルの上には、調味料と生卵があるんですね。

じゃじゃ麺の中盛をオーダーしてしばし待ちます。

待っている間にも続々とお客さんが入店し、あっという間に店内満席となりました。

私の向かい側の席には、相席で異国女子2名が座り、中国語?で楽しそうに会話していました。

こんな時に語学系のスキルがあると、別な楽しみがあるのかもしれませんね。

じゃじゃ麺中盛

15分くらい待ってじゃじゃ麺登場。

20151220-11

早速秘伝の味噌を麺にがっつりなじませて実食。熱々の麺に味噌が絡まって、このままでも十分美味しい。元祖というだけあってこだわりの味という感じ。

さらににんにく、酢、ラー油をプラスすると、パンチの効いた味になってさらに美味しい。

ちいたんたん

食べ終わった皿に生卵をといて、割りばしを添えてカウンターへ。

麺のゆで汁でたまごスープを作ってくれます。お値段50円!

20151220-12

ネギと生姜入りのたまごスープ。こちらも熱々で美味しくいただきました。

食べた後で気づいたのですが、他の人は麺だけ食べて、キュウリや味噌を若干残して卵を入れているようでした。

食べるのが速い私は、完食した後に、ほぼほぼたまごオンリーの状態でのたまごスープとなってしまったため、実は本来の味ではないのかもしれませんね。

感想

元祖のじゃじゃ麺の店は、じゃじゃ麺+ちいたんたんで600円というリーズナブルな値段で、美味しいランチと、新たな発見をくれました。

食べた後の皿にたまごスープという発想はなかなかすごいですね。

お客さん発案なのか、皿を洗う手間を軽減させるために仕掛けたお店のアイデアなのか、よく考えたなーと思います。

次回遠征では何を食べようかな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です