ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c 申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然届いたメールで、2016年2月末で10g資格が失効となる事を知りました。

Recertification(再認定) に必要なお手続き

Recertification(再認定) の詳細

Recertification(再認定)ポリシーの導入に伴い、Oracle データベース 管理資格のバージョンごと(たとえば 9i、10g、11g、 12c )に、終了日が設定されます。

お持ちのOracle テータベース管理資格の中で、最新バージョンの資格が終了した場合、終了日が過ぎてから1年以内に、「Oracleが認める最新バージョン(*1)」の資格にアップグレードすれば、資格の更新が完了します。

終了日から1年が経過したバージョンの資格は、認定証や認定ロゴの使用は認められません。すでにダウンロード済み、または印刷済みの認定証および認定ロゴについても使用は中止してください。

(*1)現時点での「Oracleが認める最新バージョン」は、Oracle Database 11g / 12cです。ただし、Oracle Database 10g については、2015年3月1日に終了となるため、2015年2月28日まで、「Oracleが認める最新バージョン」として取り扱われます。

Recertification(再認定) に必要なお手続き

Oracle データベース 管理資格が終了した場合、終了日が過ぎてから1年以内に、「Oracleが認める最新バージョン(*1)」の資格にアップグレードすれば、資格の更新が完了します。

例 – ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g 資格をお持ちの場合:

– Oracle Database 10g 資格の終了日(2015年3月1日)から1年以内に、Oracle Database 11g または 12c のORACLE MASTER Gold にアップグレードした場合は ORACLE MASTER Gold の資格の更新が完了します。また、Oracle Database 11g または 12c の ORACLE MASTER Bronze にアップグレードした場合は ORACLE MASTER Bronze に資格が更新されます。

お持ちの Oracle データベース管理資格が「Oracleが認める最新バージョン(*1)」の場合は、資格の更新は必要ありません。

Expert資格についても、「Oracleが認める最新バージョン(*1)」のExpert資格にアップグレードすれば、資格の更新が完了します。

(*1)現時点での「Oracleが認める最新バージョン」は、Oracle Database 11g / 12cです。ただし、Oracle Database 10g については、2015年3月1日に終了となるため、2015年2月28日まで、「Oracleが認める最新バージョン」として取り扱われます。

よくあるお問合せ(FAQ)抜粋

Recertification(再認定) ポリシーが導入されるのはなぜですか?

テクノロジーが急速に変化するIT業界において、自身が持つ知識やスキルを継続的に更新していくことは非常に重要です。
またIT業界では、一般的に有資格者が最新テクノロジーに精通していることを証明するため、取得資格を更新しています。オラクルでは、Oracleデータベース管理の知識やスキルを継続的に更新することは、最初の資格を取得するのと同様に重要だと考えています。
複雑化するビジネス要件を満たす上でOracleデータベース管理者は、最新のOracleテクノロジーの知識とスキルを持っていることが期待されており、その期待に沿うために、Recertification(再認定) ポリシーが導入されました。

Recertification(再認定) ポリシーは、いつから適用されますか?

Oracleデータベース管理資格を対象としたRecertification(再認定) ポリシーは、2014年11月1日より適用されます。お持ちのOracle テータベース管理資格の最新バージョンがOracle Database 9i 以前の方は、2014年11月1日が当該資格の終了日となりますので、2015年10月31日までに、「Oracleが認める最新バージョン(*1) 」の資格にアップグレードしてください。アップグレードにより、資格の更新が完了すれば、資格の取得者特典が引き続き受けられます。

重要:お持ちのOracle テータベース管理資格の最新バージョンがOracle Database 10g の方は、2015年3月1日が当該資格の終了日となりますので、2016年2月29日までに、「Oracleが認める最新バージョン(*1) 」の資格にアップグレードしてください。2016年2月29日までに資格のアップグレードが完了しない場合は、Oracle Database 10gデータベース管理資格のCertViewのステータスが失効(Inactive)になります。

(*1)「Oracleが認める最新バージョン」は、Oracle Database 11g / 12cです。ただし、Oracle Database 10g については、2015年3月1日に終了となるため、2015年2月28日まで、「Oracleが認める最新バージョン」として取り扱われます。

従来よりオラクル認定資格には終了日はないとしていましたが、Recertification(再認定)ポリシーを適用したのはなぜですか?

オラクル認定資格制度の規模拡大に伴い、資格取得者や雇用側にとって、オラクル認定資格制度をより価値あるものにするために、オラクルは定期的にポリシーの見直しを行っています。この度のRecertification(再認定)ポリシーの適用は、オラクル認定資格制度の信頼性を高め、お客様がお持ちの認定資格の価値を高めるものです。

意気込み

高い講習費を払ってGoldまで取得したのに。。。

いい機会なのでアップグレード試験(1Z0-060)を受験する事を決意しました。(ベンダー試験は受験料が高くて胃が痛くなります。。。)

Gold講習受講時のカリスマ講師の黒本で誠意勉強中です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です