取得済みの資格:ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c 取得までの道のりとして記録しておきます。

ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c 認定キット到着!遅っ!

詳細

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g取得後、下記のCBT試験に合格し、

1Z0-043 Oracle Database 10g: Administration II

要履修コースの認定講習を1つ受講して、認定申請を行う事で取得できます。

例) 1Z0-098 Oracle Database 10g Hands-On Course Requirement

使用教材

合格日

2013年6月28日

20150329-05

20150329-1120150329-10

感想

1Z0-043 Oracle Database 10g: Administration II

Bronze、Silverとは異なり、認定試験配信会社がピアソンに変更されました。

2013年5月18日時点では、青森県内の受験会場がなかったため、盛岡のYESパソコン学院盛岡大通テストセンターまで遠征しました。

試験前日に妻と娘がノロウイルスにかかり、自分だけは大丈夫だと思っていたのですが、試験当日の深夜に感染してしまいました。

下痢と嘔吐と発熱が続く中、キャンセルしようかとも思いましたが、受験チケット代19,505円が惜しい。。。

吐き気と腹痛をこらえながら、高速バスに揺られて試験会場へ到着。

意識がもうろうとする中、早く帰りたい一心で30分程度で試験終了。合格ライン:70%、正解率:86%で合格してました。

認定試験配信会社がピアソンに代わってから、受験時の本人確認で顔写真を撮って、試験結果と一緒にCiertViewで確認できるようになっているのですが・・・

今見ても寝ぐせ全開、体調の悪さが前面に出すぎてます。

この写真を見るたびに思い出します。この時はがんばった!俺!そしてノロウイルスは恐ろしい!

1Z0-098 Oracle Database 10g Hands-On Course Requirement

Oracle認定講習は、自費で受講するには少々金額が大きいです。

2013年6月24日時点で、定価:218,295円。高い。。。

私が受講した際は「SE倶楽部」というコミュニティにエントリーして、必要事項と自身のプロジェクト経験を登録することで割引がありました。

割引後は40%OFFの130,977円で受講できました。

現在は株式会社システム・テクノロジー・アイに移管され、期間限定で25%OFFなどのキャンペーンが行われています。

3日間の講習をシステム・テクノロジー・アイ GINZA Learning Centerで受講。講師:代田佳子さんの知識に圧倒されたの一言です。

オプティマイザの内部動作を知るための手法等、新しい知識をたくさん得られた講習でした。

今でも困ったときは講習時のPDFを見返してます。

講習以外はといえば、ノロウイルスで何も食べられなかった盛岡のリベンジのごとく、築地ですしざんまい、鳥藤分店などを食べ歩き。

夜は皇居外周、東京タワー周辺、お台場海浜公園等をジョギング。充実した3日間でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です