青森県の山(25)大倉岳登頂しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり秋めいてきましたが、最近山行ってないなーという事で、平日低山に行ってきました。

大倉岳(おおくらだけ):677m

信仰の歴史を持つ、津軽山地を代表する山

(改訂版 青森県の山(新・分県登山ガイド)より引用)

国道280号線

娘たちが保育園に行くのを見届けた後、家事を終えて車で出発。

ドライブ日和のいいお天気。

蓬田小学校から山側に向かうと途中から林道に。

伐採作業中の重機で、未舗装路がガッタガタすぎて、普通車だと腹をこすりまくりorz

そのまま林道を進むと、沢にぶつかったので沢の手前に車を停めてここから徒歩に切り替えます。

ジムニーとか車高が高めの車なら、そのまま渡れそうな感じではあります。

沢を渡って5分程歩くと、案内図と大倉岳、赤倉岳の標柱が見えました。

まずは左側の大倉岳から行くことにしましょう。

道幅の広い車も通れそうな感じの林道を歩いて進みます。

案内図から5分程で大倉岳登山口の看板が見えました。

進行方向右手に看板が見えるのですが、進んできた道と同じくらいの道幅でまっすく進めそうに見えたので直進したら、結構な藪と沢にぶち当たってロストorz

撮影した写真を見返したら、看板に赤矢印が書いてありました。とりあえず看板まで戻ります。

看板の右側、気に貼りつけてある標識の左側に、下り基調の登山道がありました。

登山口からは上りという先入観で見逃してしまった感じもありますね。

さっきの藪とはうってかわって整備された登山道でした。藪に慣れ過ぎて行けると思いこんじゃってましたorz

しばらくブナ林の中を、つづら折れの上りを繰り返して高度を上げていきます。

登山口から30分程上ると笹がうるさくなってきました。

阿弥陀川へという看板が見えました。分岐には進まず大倉岳山頂を目指します。

さらに少々進むと大倉岳の標識が見えました。もう半分くらい来た感じですかね。

スタートから1時間程で避難小屋までたどり着きました。

そのまま休まず進んで行くと、笹の間に黄色い花が咲いてました。緑と黄色の対比がきれいですね。

避難小屋から10分程下って祠?を通過。

さらに数分進むと大倉岳山頂と赤倉岳の分岐に到着。山頂を目指します。

ここからはジグザグの急登。岩とか木の根とか太めの笹でけっこう上りにくいし滑る。

大倉岳山頂

分岐から10分程上って大倉岳山頂到着。

鳥居と地下神社の標柱がありました。

右手には大倉岳頂上の標柱がありました。

頂上の右側180℃は開けていて、陸奥湾や遠くの山々が一望できます。

はー。いい景色だなー。

持ってきたコーヒーを飲みながら、しばらく気持ちよく眺めていました。

いい景色でリフレッシュし、ひと段落したので、上ってきた岩が多めの登山道を下り、今度は先ほどの分岐を赤倉岳方面へ進みます。

思いのほかガッツリ下って行きますね。途中ぬかるんだ感じのところがあったりして、登山道をカエルがぴょんぴょんはねるのを見ながら下ります。

再び上り基調になってきて、だんだん木々の背丈が低くなってきて、あー上って来たなーといういい雰囲気。

後ろを振り返ると先ほど上った大倉岳が見えますねー。

赤倉岳山頂

大倉岳山頂から50分程で赤倉岳山頂へ到着。

赤い祠の前に若干折れた木の標識で563mと書いてありました。

コーヒーをひとすすりして先へ進みます。10分程下って行くと急坂注意の看板が。

笹に隠れた岩や石が多く、さらにコケがついているので滑るのと急なので気をつけてゆっくり下ります。

トレッキングポールをつきながらでも3回程しりもちついてコケましたwww

岩や石がなければいい感じの下りを楽しめます。写真では伝わりにくいけど結構下ってます。

赤倉岳山頂からゆっくり下って40分程で看板が見えました。

もう少し行くと沢を渡って、最初に通った案内図の地点に到着。

車まで戻って装備をはずし、林道を気をつけて運転して帰りました。

感想

登山道も整備されているし、景色もきれいだし、それなりに上りごたえもあるしと、なかなかいい感じの低山でした。

登山口までのアプローチが大変なのと、頂上付近の岩や石が滑りやすいという事以外はバッチリでした。

大倉岳登山口は看板の裏手が登山口だという事と、小さな沢を数回渡るので、浅瀬の石の上を選んで濡れないように注意ですね。

斜度がキツイところほど滑りやすい感じがありましたので、トレッキングポールがあった方が安全ですね。

案内板には袴腰岳への縦走ルートも書いてありましたが、今回は時間がなかったのでまたの機会にします。

おまけ

よもぎ温泉

大倉岳から一番近いよもぎ温泉に。

意外にきれいで大き目の浴槽と、源泉かけ流しの小さ目の浴槽、サウナと水風呂がありました。

140人収容できる大浴場という事で、けっこう広いですね。

源泉かけ流しの浴槽は、塩っ気の多い感じのさらっとしたお湯でした。

その後、サウナに入って、水風呂でしめてを繰り返して、さっぱりしてあがりました。

入浴料 \350

村の駅 よもっと

温泉に入って、だいぶお腹も空いてたので、帰り道にラーメンののぼりが立っていた、村の駅よもっとへ。

ラーメンを食べようと思ったのですが、ハンバーグ定食の文字をみたら食べたくなっちゃいました。

食券を買って、セルフで水を飲みながらハンバーグを待ちます。

目玉焼きの乗ったハンバーグにサラダ、イカの小鉢と、ご飯とみそ汁。

家庭的なハンバーグ定食ですが、味はデミグラスソース味となかなか美味しい。

さらにご飯おかわり自由という事で、けっきょく大盛りでおかわりしてしまい、消費した分補給して帰ってきました。

ハンバーグ定食 \680 ごっそさんです。

かかしロード280

地域活性化事業としてかかしを題材にしているみたいですね。

梅沢冨美男さんの巨大かかしがそびえたっていました。ボタンを押すと名曲「夢芝居」が流れ出します。

恋のからくり夢芝居♪

ステキな歌ですねー。

恋はいつでも初舞台♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です