コロンビア ナッシングビーツアトレイルダッフルバッグ購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征時は25Lのザックを使っていたのですが、大雪山ウルトラトレイル遠征時にshotzが荷物の中で破裂するトラブルに見舞われましたwww

その後はジップロックに入れるなど工夫していたのですが、そもそもパッキング容量が少なすぎるのか?という疑問が。。。

ちょうどセールやってたので、40Lのダッフルバッグ兼バックパックとなる、ナッシングビーツアトレイルダッフルバッグを購入してみました。

ナッシングビーツアトレイルダッフルバッグ

レース遠征やトレラントリップに最適な大容量のダッフルバッグ。

サイドにはシューズポケットを備え、メインコンパートメントはファスナーで大きく開き、荷物の出し入れがしやすくなっています。

ショルダーにもバックパックにもできる2本のショルダーで、移動もしやすくなります。

南京錠を取りつけるための穴が付くダブルファスナーで、海外への遠征も安心。

パックひとつに荷物がまとめられるので、レース会場での着替えや荷物預けも容易です。

感想

シューズを入れる専用ポケットがあったり、小物入れがついてたりと結構考えた作りになってますねー。

これまで使っていたザックのようなサイドポケットはないので、ペットボトルや折り畳み傘などは取り出しにくくはなってしまいます。

ダッフルバックなので、長方形の側にどんな感じでパッキングするかは、今までよりも熟考しなければいけない感じはありますが、明らかに容量は上がっているのでトレッキングポールとかも突っ込んで行けそう。

バックパックとして使う事が多そうなのですが、荷物の重量が上がった時に、どの程度フィットするのかは荷造りしてみないとわかりませんねー。

来週の~coast to coast~ 房総半島横断2018に持っていくのに、ちょっとずつ考えながらパッキングしていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です