第1回みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイルフルマラソン 4周目で足売り切れるも6時間台でなんとか完走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みしていた第1回みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイルフルマラソンに出走してきました。

第1回みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイルフルマラソンにエントリーしました
2018年5月13日開催の、第1回みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイルフルマラソンにエントリーしました。 みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイル...

受付

会場には6:00ちょうどに到着。

エイドとかの準備中でまだ受付始まってないという、なかなかゆるい感じの朝です。

5分後くらいに受付始まり、ゼッケン、参加賞とプログラムなどを頂いて一旦車へ戻ります。

なかなかおしゃれなTシャツと、煎餅、大鰐温泉の無料入浴券を頂きました。

開会式までは結構時間があるので、持ってきたテキストですきま時間を使って仕込み。

開会式が近づいて来たので再び会場へ。

スポーツエイドジャパンのゴールゲート。

7:00に開会式が始まりました。大会長のあじゃらで遊ぶ代表のあいさつ。

地元でトレイル大会開いていただいてありがとうございます。

その後、大鰐町長あいさつ、スポーツエイドジャパン代表からルール説明があり、開会式は終了。

レース前にトイレに駆け込みます。あーやっぱりトレイルレースの前ってのどかで緊張感ないですわー。

7:25頃に整列、記念写真を撮影して、7:30レーススタートとなりました。

スタート

スタート直後は車道を少々下り、スキー場の緩斜面をゆるく上って行きます。

500mくらいで徐々に傾斜がきつくなってきてゼーハーモードに。

途中ちょっとだけ傾斜がゆるくなりますが、そこからけっこうえげつない上りに。

上り途中で後ろを振り返ると、遠くに岩木山が見えるー。いい景色に癒されつつもう一声上ると後は下るのみ。

第2エイド

最高地点を超えてちょびっと下ると第2エイド。

ドリンク各種と、梅干し、バナナ、リンゴのシロップ漬け、おにぎりなどなど。

1周目はリンゴだけいただいて先を急ぎます。

下りは走れる楽しいトレイル。東北自然歩道の一部がコースになっているため走りやすいですねー。

終盤はゲレンデに出ると、傾斜がきつい所は蛇行しながら、両手でバランスをとりながら颯爽と下ります。超気持ちいー!

1周目は気持ちよく53分前後で走り終えてエイドへ。

第1エイド

スタート地点に戻ると第1エイド。

カレー、大鰐温泉もやしスープ、けの汁、そうめん、おにぎりなど。

こちらも食べ物充実してましたが、1周目はドリンクだけいただいて先を急ぎます。

2~3周目

下りの楽しいトレイルを楽しむために、えげつない上りを頑張る周回コース。

写真に撮るの忘れちゃいましたが、上り途中の看板であとどのくらい上るのかがわかりやすくなってました。

あとちょっとで上りも終わるなーと思いながら上り、第2エイドで英気を養って楽しい下りをすっ飛ばすという感じで、1周1時間弱で回ってました。

4周目

開始から2時間30分経過して時刻は10:00、3周目の第2エイドでおにぎり食べてるくらいにハーフの部がスタート。

3周目終わりでラグビー場に戻ってくるちょっと前に、10:20に7kmの部がスタートしてました。

4周目はまだまだ元気で、7kmの部の方に声をかけながら上りで追い越して行きました。

まだ上るのかー!と驚いている方に、上りはもうちょっとで、その後はご褒美の下りが待ってますよ!と声をかけたり。

4周目も軽快に下りを走り終わり1時間で戻ってきました。

第1エイドで大鰐温泉もやしスープをいただいて、「うまーい!ありがとうございましたー!」と5周目突入。

5周目

5周目の上りで太腿の前側に若干痛みが出てピクピクしだしました。

スピードを抑え気味にして、ゆっくり一歩づつ進みますが、心拍数は155前後から下がらず。

そんなにキツくは感じてないのですが、息があがりぎみで眠気がでてきました。

低血糖かなーとshotzを投入しましたがさほど変わらず。

中盤は35~40分程度で頂上まで行けてたのが、上りだけで1時間弱かかっちまいましたが何とか第2エイドへ到着。

おにぎりにガッツリ塩をつけていただいて、あと1回登れるかなー?と弱音を吐きつつもご褒美の下りへ。

だいぶ足が売り切れちゃったらしく、下りもスピード出せず。それでも楽に気持ちいい程度に下りを楽しみ、4周目は1時間20分で第1エイドへ。

6周目

やっぱカレー食っとかないとなーと、第一エイドでカレーをいただきます。

エイドで食べ物をふるまっていただいているおばちゃんが、1周どのくらいかかるの?とか今日は泊まっていくの?とか色々話しかけてくれて、カレーを食べつつ会話しているうちにちょっぴり元気が出てきました。

ラスト1周行ってきます!と再び上りへ。

序盤元気は出たものの、やっぱりえげつない上りに差し掛かると足が止まってしまいます。

後続に「ガンバでーす!」「ファイトー!」と追い越される回数も増えること。

気持ちを切り替えて上っては、ひざに手をついて息を整えるを何度繰り返したことでしょう。。。

約1時間かけて最後の上りをなんとか終えました。

第2エイドでトマトジュースを一気飲みして、あとは下りを楽しみながらゴールするのみ。

やっと終わりだ―という気持ちと、これで終わりか―という微妙に寂しい感じがごちゃまぜでしたが、両手を上げてゴールテープを切りました。

ゴール

結果、6時間50分弱でのゴールとなりました。ラスト2周は長かったなー。

完走証の発行までちょっと時間がかかるという事で、エイドに残っている食べ物をいただきました。

空きっぱらに冷たいそうめんがしみわたる―!

このほかにも、おにぎりやら梅干しやらいただいて休んでいたら、完走証できましたと声をかけられました。

完走証を受け取って、女子のハーフ表彰式を見て、健闘をたたえた後に帰路につきました。

感想

初めての周回コースという事で、メンタル的にどんなものかなーと心配だったのですが、同じエイドで何度も会話してると親近感わいて来たのか話すだけで元気になりましたね。

レース後にGarminで見てみたら、累積獲得標高は2,980m、消費カロリーは3,480kcalでした。レース後体重3kg減ってましたわ。

今回は4周目とちょっとの30kmあたりまではいい感じだったのですが、上りで足が売りきれちゃいました。上り方の問題なのかもしれません。

顔マラソンとかロングの練習はしてたのですが、そういえば斜度練してなかったなーと反省。

今回ぶっつけ本番で使ってみたバハダⅢとトレイルゲイターですが、バハダⅢはグリップ感はいい感じだったのですが、右足のシューレースが若干緩めだったのか、右足がシューズの中で遊び過ぎて親指にマメが出来ちゃいました。

次回はシューレースをきつめにして試してみたいと思います。

サロモンのトレイルゲイターは、いつもならレース後はソックスとシューズはドロドロで激落ちで洗濯必須となるのですが、今回はシューズの中に異物も入らず、ソックスもきれいなままだったので大満足でした。

翌日の新聞にフルの優勝タイムが掲載されていて、4時間45分14秒でした。1周40分台で6周回るのはすごいですねー。

優勝した方は、県内の大会でよくお見かけしますが、十和田湖マラソンでハーフ走った後に、そのままスタート地点まで走って戻って、遊覧船より早く着いてた方だったかなと思います。

ハーフ80分切りできるくらいの力があれば、このくらいいいタイムでゴールできるんですねー。すごいなー。

また、7kmの優勝タイムは37分50秒とこれまた凄い!1周だけガチンコで行ったらこのくらい出せるということなんですかね。

ちなみにフル男子の39歳以下の部は、1位が6時間58分59秒。あと1歳若けりゃ年代別1位だったのかー。残念。

おまけ

赤湯

温泉券で無料で入浴できるという事で赤湯へ。

洗い場が4つくらいと、源泉かけ流しの熱めのいいお湯。

トレイルレース終わりの方が結構来てました。気持ちよく汗を流して熱い湯船につかって癒されました。

津軽路ビール

車で来たので帰るまで飲めない。。。鰐comeへ寄って津軽路ビールを買って帰りました。

エイドの食べ物だけで昼食を済ませてしまったので、血糖値が上がらず夕食終わるまで眠気がすごかったー。

夕食とアイスを食べてちょっと回復。津軽路ビールで一杯やって即就寝でした。

津軽路ビール 330ml \800

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です