マイクロソフト オフィス教科書 Outlook 2007 購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOS Outlook 2010も取得しようかと問題集を探していたのですが、問題集どころかテキストも見当たりません。。。

Outlook自体、かなりの期間利用していないため旧バージョンのテキストを購入しました。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは

エクセルやワードなどのマイクロソフト オフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。

Outlook 2010:試験概要

電子メールの送信・返信、ファイルの添付、署名の作成・変更、予定や会議およびイベントの作成・変更、アイテムの整理・検索など、Outlookの基本的な操作を理解している方を対象とした資格です。

項目 内容
問題数 約20~45問
出題形式 コンピュータを使った実技試験(CBT試験)
試験時間 50分
受験料 10,584円(9,800円+消費税8%)

感想

既にPowerPointとAccessを取得しているため、Outlookを取得しなくてもマイクロソフト オフィス マスター認定はいけるのですが、ここまで来たら全部取得したいということで購入しました。

が、最寄りの試験会場ではOutlookの試験は行っていない様子。。。

問題集も売っていないということは、不人気科目なのでしょうかね。

学習方法ですが、紙ベースの問題しかなさそうなので、テキストを読みながらOutlookを触るという面倒な仕込みになりそうです。

そういう使い方なら、もう少し大きいサイズにしてくれた方が使い勝手がいいのでは?と思ってしまいました。

逆にCDの模擬問題がついているFOMの教材は、このくらいのサイズでも良いような気もします。

遠征試験の抱き合わせとして、試験を実施している会場を探す方向で考えてみます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です