MINDSET 50歳 ゼロからの世界挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場はジムでトレーニングするのですが、いつもは忘れるはずのないランパンをジムバッグに入れ忘れてしまったorz

心を整える意味で、鏑木さんの半世紀物語を正座しながらバーボン片手に読ませていただきました。

MINDSET 50歳 ゼロからの世界挑戦

どんな困難も「楽しむ勇気」で乗り越えろ

心のスイッチを切り替えれば 運命すら変えられる。

自分の中にある固定観念を捨てることで心がリセットされて新しいモチベーションになっていく

10年かけて鏑木毅は世界3位を捨て、新たなアスリートの境地を掴む

40歳で公務員を辞めてプロトレイルランナーに転身してすぐに「世界3位」を手にした鏑木毅。

順風満帆な船出だったが、その後10年にわたって彼を苦しめたのが「世界3位」の勲章だった。

50歳になる年に再び世界に挑むと決めてからも時折その勲章は心を乱し、ついに彼の身体と心は壊れてしまう……。

そうしてすべてがゼロにリセットされた時、鏑木の心の中で大きな変化があった。

マインドセット──ようやく世界3位の勲章を捨て去り、人生の新たなステージへ。

感想

額税時代の挫折から、トレイルランニングに没頭する日々を超えて、プロトレイルランナーとなり、UTMB3位の偉業を達成した鏑木さん。

偉業を達成した事により、逆にその後の競技者生活では苦しめられる事になってしまったんですね。

自分と向き合って、今の自分に不自然な思い込みを捨て去って、ありのままの自分を受け入れると共に、そこから始まる心の動きに真摯に耳を傾ける。

アスリートとしては雲の上の存在ですが、ブリーフィングのコントみたいな雰囲気は、人間性が出ているんですよねー。

ウルトラを走りきるには、行き詰った時の自分との向き合い方も考えて行かないとなーと改めて感じました。

UTMFまでに鋼のメンタルを手に入れて、なんとか最後まで走りぬきたいですねー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です