Microsoft 認定試験: 70-483: Programming in C# 受験報告

申し込みしていたMCP 70-483: Programming in C#を受験してきました。

MCSD取得への道、第二関門の70-486リベンジもどうにかこうにか成功しました。 7月時点では申し込みできなかったのですが、...

試験会場

だいぶ通った感ありの新町通りテストセンター。

今回の試験に合格したらしばらく来ないかもと思うと、ちょっとしんみり。

今回もテキスト読みはすっ飛ばして、Web問題集の271問を1周と誤答を2周で挑みます。

会場入り

慣れたもので前回と同じ駐車場に停めて、時間通り15分前に会場入りしました。

受付で手指の消毒を行った後で、受付書類の記載を行います。

本人確認証の免許証とクレジットカードを提示し、ペンタブレットでサインして、顔写真を撮影。

荷物をロッカーに預け、手のひらと手の甲、マスクの裏表、メガネの裏側確認、持ち物に記述がないか確認後に試験室に入室。

着席後に試験中の呼び出しボタンや、イヤーマフの説明を受けて09:50試験開始となりました。

試験開始

44問を150分で解答する試験です。

序盤3問は一度答えたら後戻りできない問題。

配列のテキスト出力ループの正誤問題なので難なく通過。

その後41問は見直しができるモードになりました。

Web問題集の類似問題が多いのと、普段の業務領域に近いので、さほど悩まずに解答して行きます。

ビルド時のエラー対処、例外が起きないようにプログラムを置き換える、並び替える、インターフェースと継承クラスの実装などなど。

一周終えて見直しチェックをつけた問題が2問だけだったので、安心感を持って試験終了をクリックしました。

試験結果

初めての高得点で合格。

逆にどこ間違えたのかと気になって来ますね。

結果:合格

合格点:700

あなたの得点:928

データアクセスの実装と、アプリケーションのセキュリティとデバッグの正解率は100%。

プログラムフローの管理と、型の作成と使用は微妙に誤答があった感じ。

並べ替えの順番をミスったとか、勘違いして選んだとかかもしれません。

学習経緯

開始日

2020年9月18日

総学習時間

8時間+α

内訳

Web問題集の誤答復習 + 正誤確認 8時間

感想

なぜか最後に受験することになった70-483。

業務領域で関連知識は入っているので、一番事前準備は少なくて済むのかと思っていたのですが、Web問題集の問題数が意外に多く、そこそこ仕込みには時間がかかってしまいました。

関連知識があるだけあって、テキスト読みなくても自分史上最高の得点を獲得できましたし。

async awaitなど、たまにしか使ってなかった記述や、シリアライズ/デシリアライズなど、久しぶりで復習になった内容などもあり、仕込んでいてもそれほど飽きなかったです。

C#での開発がある程度できる方なら、難易度は低めだと思いました。

さてさて今回の合格で無事に下記3つに認定されました。

MCSA: Universal Windows Platform Charter Member

MCSA: Web Applications

MCSD: App Builder

これでめでたくMCP試験は打ち止めとして、10月のシステム監査技術者試験に向けての準備を開始しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク