Microsoft 認定試験: 70-357: Developing Mobile Apps 受験報告

申し込みしていたMCP 70-357: Developing Mobile Appsを受験してきました。

MCSE: Core Infrastructure も無事取得できたので、MCSD取得に向けて70-357を申し込みました。 申し...

試験会場

今回の試験は久須志テストセンターでは扱っていないみたいで、新町通りテストセンターでの受験となりました。

Web問題集の問題数が51問と少なく、設問の周辺知識を調べながら、正答がどれかを確認しつつ3周程こなし、ダメ元で会場入りしました。

会場入り

初めての会場で微妙に迷ってしまい、試験開始10分前の会場入り。。。

受付で体温計測して、手指の消毒を行った後で、受付書類の記載を行います。

本人確認証の免許証とクレジットカードを提示し、ペンタブレットでサインして、顔写真を撮影します。

荷物をロッカーに預けた後で、マスクの裏表確認、メガネの裏側確認、手のひらと手の甲、持ち物に記述がないか確認後に試験室に入室。

着席後に試験中の呼び出しボタンや、イヤーマフの説明を受けて10:00試験開始となりました。

試験開始

51問を150分で解答する試験です。

序盤の6問は一度答えたら後戻りできない問題でした。

慎重に設問を吟味して解答していき、見直しができるモードに変わります。

ここからはこれまで受験した試験とは異なり、5~6問のセクション単位で試験終了をクリックする流れになりました。

見直しはセクション毎にしかできないようですし、残りの問題数が多い中で試験終了をクリックするのはかなり勇気がいりますwww

後半はアプリケーションのビジネス要件、機能要件と歯抜けになっているプログラムロジック等が設問の前提として出題され、要件を満たすためにはどの形態が望ましいかや、実際のロジックを穴埋めで選択したりと悩みながらもそれっぽいのを選択して進みます。

セクション毎に見直しして悩んでを繰り返し、最後までたどり着いたのが1時間後。

見直しで悩んでも5~6問の見直しなので、最後は思い切って試験終了をクリックしました。

試験結果

どうにかこうにか合格点は超えてました。ひやひやものですねー。

結果:合格

合格点:700

あなたの得点:775

開発系の穴埋め問題がうまくはまって、どうにか合格基準を超えた感じでした。

学習経緯

開始日

2020年7月10日

総学習時間

4時間+α

内訳

Web問題集 + 正誤確認 4時間

感想

Exam Replay の保険を利用して勇気一発でなんとかなったという結果でした。

まとまったテキストもなく、Web問題集の問題数も少ないため、周辺知識を収集するためにWindowsデベロッパーセンターのUWP関連のドキュメントを検索してました。

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) では、どのような Windows デバイス (PC、Xbox One、HoloLens など) 向けのアプリでも構築して、Microsoft Store に発行できます。

TimeTriggerとか、ApiInformation.IsTypePresentとか、UWP関連の細部を見るにはWindowsデベロッパーセンターのドキュメントが一番入りがいいし、設問に近い内容がサンプルコードで記載されているからいいと思いました。

本試験中の穴埋め問題に関して、選択肢がわかりやすかったので助かった感がかなりありますが。。。

次は70-486。

英語のテキストの斜め読みに時間がかかる分をどうしようか悩み中です。

MCSD: App Builder
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク