メープルシフォンケーキは食べごたえ十分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻のスイーツ熱に引きずられてシフォンケーキを発注しました。どうせなら専門店の味ということで・・・

フレイバーとは

アメリカは人種のるつぼともいわれ、さまざまな文化が交ざり合っています。イギリス的なもの、ドイツ的、イタリア的、スペイン的、スカンジナビア的、アジア的などが混在しています。フランス的なものは少ないかもしれません。アメリカの家庭で焼かれるお菓子はドイツとイギリスからの移民の影響が強いようです。アメリカらしさは新大陸に移り住んだ人たちのフロンティア精神と「伝統にとらわれない自由で合理的な生き方」にあります。フレイバーではこんなアメリカらしさを大事にしています。

フレイバーが最初にお菓子を売り始めた1980年当時、
シフォンケーキやアメリカのお菓子を専門にするお菓子の会社はどこにもありませんでした。
新天地を開拓することはアメリカらしさの真髄でもあります。

詳細

さっそく開けてみました

発注した時は気付かなかったのですが、クイーンサイズは結構なボリュームです。子供用のバスチェアくらいの大きさ。。。

減量中の私には進捗遅れ必至のアイテムです!

20150523-02

さっそく食べてみました

ふわふわの食感と、しっかり甘いメープルシロップ。やばい!止まりません!

ひとしきりむさぼるように食べても3分の1くらいしか消費してません。

ちびっこ1名と夫婦で食べるには3日分くらい、たっぷり楽しめるボリュームでした。

減量への影響は

ご察しの通り500g程度のリバウンドが発生しました。

食事の炭水化物量を減らして微調整と、ジョギング回数/距離を増やしてリカバリします。

しかしながら、虜になるほどおいしいです。生クリームでも乗せようものなら完全にノックアウトされる可能性大ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です