九州めん処ラーメン詰め合わせ食べ比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的にやってくる特定の食材が無性に食べたくなる衝動。

今回はとんこつラーメンです。福岡マラソンエントリー時に福岡といえば・・・でいろいろリサーチしてたら無性に食べたくなってしまいました。

http://bobobrazil.webcrow.jp/fukuoka-marathon-entry-20150421

早速発注してしまいました。

九州めん処ラーメン詰め合わせ

4種類のラーメンが2食ずつの詰め合わせになっています。

博多長浜ラーメン

おもに福岡市中央区長浜の店舗や屋台のラーメンを指して、長浜ラーメンまたは博多長浜ラーメンと呼ぶ場合がある。

1955年(昭和30年)、現在の博多区築港本町にあった魚市場が長浜に移転、「福岡市中央卸売市場鮮魚市場」となる。それに伴い、「元祖長浜屋」「一心亭」など市場ラーメンの屋台も長浜に相次いで移転した。

おもに市場関係者向けであった長浜ラーメンの特徴は、競りの合間に食すため、素早く茹でられる極細麺、麺だけの追加注文の替え玉、豚骨を主な原材料としながらも、思いのほか軽めに炊かれたスープ、などととされる。

屋台でも店舗でも、各テーブルに『ラーメンのタレ・かえし』(主に替え玉でスープが薄まった時に入れる)『紅しょうが』『胡麻』が用意されており、客がこれらを用いて自分の好みで味や風味の調整を自由にできるスタイルになっている事が、食べ方の主流である。

元来、博多ラーメンと長浜ラーメンは別物であったが、近年はそのジャンル分けは難しくなっており、地元の比較的若い世代層ではほぼ同義語と捉えられている。長浜地区は「福岡」にあたり、「博多」には含まれないが、同じ福岡市中心地のラーメンである。

(博多ラーメン – Wikipediaより引用)

久留米ラーメン

久留米ラーメン(くるめラーメン)は、福岡県久留米市を中心に作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにしたラーメンである。 豚骨ラーメンの元祖ともいわれているラーメンで、多くの九州ラーメンだけでなく、様々な地域のラーメンにも影響を与えた。

(久留米ラーメン – Wikipediaより引用)

熊本ラーメン

豚骨ラーメン発祥の地である福岡県久留米市から、熊本県玉名市を経て、熊本市とその周辺地域に伝播したラーメンである。玉名ラーメンや博多ラーメン(長浜ラーメン)に比べると太い麺を使い、また、スープに鶏ガラが加わるのが特色である。

(熊本ラーメン – Wikipediaより引用)

長崎和風ラーメン

聞いたことなかったです。長崎といえばちゃんぽんか皿うどんのイメージが強いです。

あごだしの効いたとんこつラーメンらしく、長崎では「あご家」というお店が有名店っぽいですね。

中身は

具は入ってなくて、麺とスープのみの商品です。

こってり系が食べたかったので、長浜、久留米、熊本をチョイス。

スープは各種類違うパッケージですが、麺はどれも同じに見えますね。スープのみで差別化してるのでしょうか。

麺を大鍋でゆでつつ、スープをどんぶりに入れて熱湯でいい感じに薄めました。

感想

とんこつラーメンといえば紅しょうがだと思うのですが、妻がねぎをきざんでたので合わせ技で行ってみました。

チャーシューなかったのでハムで代用。のりも入れればよかったですかね。

20150421-05

長浜、久留米、熊本と別々に作ったのですが、具が同じなのでどれがどれだかわからなくなってしまいました。

スープは微妙な違いがあります。熊本はにんにくが効いて、久留米はこってり、長浜が以前博多で食べたとんこつラーメンのイメージに近かったです。

普段地元で食べるラーメンは煮干し系かみそラーメンが多いので、こってりとんこつラーメンは新鮮です。

賞味期限は約40日なので、週1とんこつペースでおいしくいただきます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です