青森県の山(50)久渡寺山登頂しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらく山に行ってないなーと、山に行きたい病が発動してしまいました。

ということで久しぶりの休日低山、今回は久渡寺山に行ってきました。

久渡寺山(くどじやま):662.9m

弘前市郊外、家族向けの自然観察コース

(改訂版 青森県の山(新・分県登山ガイド)より引用)

駐車場

午前中に所用があったため日の出から登ろうと思っていたのですが、少々寝坊して4:49に駐車場へ到着しました。

こどもの森全体図と、東北自然歩道の看板が目立つように立ってました。

青森県の山60座を制覇したら、東北自然歩道も行ってみようかなと思う今日この頃。

入口を入ってすぐ、左手のビジターセンター方面に進みます。

入口から2分程でビジターセンター前を通過。

炊事場もありました。キャンプもできるのでしょうかね。

ビジターセンターを通り過ぎ、鳥居をくぐって進みます。

各所に標柱があって迷う感じはないですね。

久渡寺山登山道方面へ進みます。

入口から10分程であそびの森へ到着。以前来たときより遊具が減っているような。。。

あそびの森を通り過ぎ、赤い鳥居をくぐって進みます。

久渡寺山・太陽の道方面へ進みます。

あそびの森から5分程で、お弁当広場へ到着。子供の頃遠足で着た記憶がよみがえってきますね。

道中には石像がたたずんでいます。久渡寺山を見守り続けているのでしょうか。

ここから久渡寺山登山道へ突入。斜度が上がって登山道らしくなってきました。

ここにも観音像が。

ちょいと壊れた鳥居をくぐって、山頂を目指して進みます。

再び観音像発見。全部で何体ぐらいあるのでしょうか?

久渡寺山山頂

登山道らしい急登を終えて、登山開始から40分程の5:27に山頂到着。

あいにくガスってて下界は見えませんが、空はきれいですねー。

663mの山頂標柱と、三角点を収めてしばし休憩。岩落山山頂へと下ります。

岩落山山頂

急な斜面を気をつけて下り、シングルトラックを小走りに進み、再び少々登ると岩落山山頂へ到着。

久渡寺山山頂出発から20分少々、5:50に到着しました。

ガイド本のコースではライオン岩へは行ってないのですが、子どもの頃ライオン岩に行こうとしてたどり着けなかった記憶がよみがえってきました。

時間は限られているのですが、今回はライオン岩まで行くことにしました。

ライオン岩

岩落山山頂からかなり下って、最後にちょっとだけ上る感じで20分程。

6:11にライオン岩へ到着しました。

ライオンの形をしているわけではなく、ライオンが立って吠えそうな岩って感じでしょうか。

ガンガン下って来たからには、来た道を戻るにはかなりの上り。。。

息を切らしながら歩幅を狭く、ハイピッチで上って岩落山山頂まで戻ってきました。

25分強かかって6:38に到着。すでに滝汗!

ガイド本のコースに戻って、沢の道方面へ進みます。

木製の階段歩道のようになっていて、残念ながらトレイル向きではありません。

沢の道へ到着。

岩落山山頂から20分程、7:01に小さな沢を渡ってビジターセンター方面へ。

水量が多い時は、靴が水につかるくらいになる時もありますが、今回は大丈夫でした。

沢の道を上って、新国見台を目指します。

沢の道入口から5分程でミス久渡寺観音像前まで来ました。

新国見台へ向かって木製の階段歩道を上ります。

ミス久渡寺観音から10分程、7:11に新国見台へ到着。ガスってて景色は楽しめません。

少し下りると、国見台がありました。

久渡寺へ向かって進むと、再び観音像が。いったいいくつあるのでしょうか。

おおーう!これだけ並んでたら圧巻ですね。ちょっと怖い感じもします。

しばし眺めた後に、手を合わせてから進みます。

標柱にはビジターセンターの案内がないですが、入口方面に向かって進みます。

久渡寺に手を合わせます。登山も終盤にさしかかりました。

真っ白い観音像も静かに見守っています。

階段を下りて鶴亀堂広場へ。

こちらにも手を合わせてから進みます。

入口まで続く石段。不揃いで上り下りしにくいので気をつけて進みます。

石段の両脇には金剛像が立っています。

石段を上ってくる参拝客を見張っている感じに見えました。

石段を下って、7:25に登山終了となりました。

感想

以前トレランの練習がてら登った時は、ライオン岩までは行かなかったのですが、今回初めて行ってみました。

往復1時間かからない程度で、標高差200m程度ですが、朝食前のすきっぱらにはなかなか歯ごたえがある道のりでした。

こどもの森管轄外と看板に書いてありましたが、まさに子供が行くにはしんどい道中だと思いました。

登山道含めて整備されていて、木製の階段歩道的なところが多いので、トレラン向きな路面は久渡寺山・岩落山間くらいでしょうかね。

天候には恵まれませんでしたが、久しぶりの休日低山が楽しめたので良しとしましょう。

おまけ

おおびらき温泉

朝っぱらから滝汗だったので、帰り道にあるおおびらき温泉によりました。

朝5:00からやっている付近では人気のある温泉みたいですね。

券売機で購入するのですが、早朝入浴券がある事を知らずに、日帰り休憩の650円の入浴券を購入してしまいました。

早朝入浴券は300円で購入できるとのことで、返金して再購入。

浴場はけっこう新し目に見えて、小さ目な泡風呂、源泉かけ流しの大浴槽、サウナ、水風呂などがありました。

源泉かけ流しの熱めのお湯につかって、冷え冷えの水風呂に入る気持ちよさ。

5クールくらい繰り返して、おなかも空いたので帰路につきました。

家族風呂もあるんですねー。今度家族で行ってみよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    久渡寺山登頂おつかれさまでした。

    この(50)というナンバーは、ガイド本か何かのナンバーなのでしょうか?

    前々から尋ねようと思いながら・・・。

    >子供の頃遠足で着た記憶がよみがえってきますね。

    という事は、結構近場なのでしょうか?

    子どもの頃の遠足って、丘ぐらしか登らなかったような。(笑)

    >家族風呂もあるんですねー。今度家族で行ってみよう。

    家族風呂があれば、奥さんにお子さんも一緒に入れるから良いですよね~

    是非、連れていってがげてくださいね!

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      >この(50)というナンバーは、ガイド本か何かのナンバーなのでしょうか?
      そうです。青森県の山という書籍があって、ガイドさんがおすすめする山が60座掲載されています。

      >子どもの頃の遠足って、丘ぐらしか登らなかったような。(笑)
      子どもといっても中学生か高校生だった気もしますけどねー。
      地元の近場の低山です。

      >家族風呂があれば、奥さんにお子さんも一緒に入れるから良いですよね~
      そうなんですよね。一緒に山行こうとか、一緒に走ろうとか誘ってもなかなか実現しませんが、家族風呂は一緒に行きますので。
      単独行動ばっかりだと家庭不和につながりますので、一家団欒の機会も増やしていかないとなーと改めて思っております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です