高知観光~やなせたかし記念館・高知城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

琴平駅乗り過ごし事件をリカバーして、土佐山田駅へ向かいました。

高知入りの前に香川観光~さぬきこどもの国・こんぴらさん・高松ハプニングwww
いい景色と沿道の声援に恵まれ、PB更新できた高知龍馬マラソン2018。 エントリーを決めたのが京都マラソン落選通知を受けてから...

土佐山田駅

ちびっこ連れの家族がたくさん降りた土佐山田駅。

駅前の観光案内所はアンパンマンデコレーションされてますね。

スーツケースを預けようとコインロッカーを探しましたが、コインロッカーは無いようで、観光案内所の裏手で1個200円で荷物を預かってくれる荷物預り所がありました。

スーツケース2つを預けてバス乗り場へ。普通のバスもアンパンマンラッピングされてるんですね。

長女もテンションが上がります。

バスに乗り込むと、車内にもラッピングがされてますね。メルヘンだわ―。

ここで長女がおなかすいたーと騒ぎ出したので、琴平駅寝過ごし事件を勃発させつつ何とか買ってきたアンパンマン弁当をつまみ食い。

外側のクオリティーは高かったのですが、中身は世の中のキャラ弁よりクオリティー低いか???

もう一つの方も、アンパンマンの目がちょっと残念な感じ。長女もアンパンマンっぽくないよねとつれない反応。。。

外見の華やかさと、味はなかなか美味しいので、もう少し見た目を本物寄りにしてはいかがでしょうか。

韮生の里 食堂

アンパンマンミュージアム前のバス停で降り、近くの食堂で昼食にしました。

朝からあんまり食べてなかったので、しいたけ丼とカツカレーをオーダー。

しいたけ丼は、親子丼の鶏肉がしいたけになった感じ。いいお出汁が出ててボリュームもなかなか。

ガッツリ食べたかったカツカレーは、ガッツリカロリーの味がしました。ちょと辛め寄りですが子供でも食べられそうな辛さでした。

しいたけ丼 \600

カツカレー \700

香美市立やなせたかし記念館

各地のマラソン大会に絡めて、年1回くらいは全国にあるアンパンマンミュージアムに行ってみようツアーが今回の家族旅行のメインテーマ。

といっても仙台しか行った事ないので、今回で2箇所目ですけどね。

他にも横浜、名古屋、福岡、神戸とマラソン大会に関連付けるにはもってこいの立地にあります。次は神戸にいけるかなー?

バス停からミュージアムに向かう途中に、アンパンチをするアンパンマン像や、ブランコやすべり台などの遊具が並んでいる公園があったり。

車道を超えて橋が架かっていて、ミュージアムの横には巨大なだだんだんが赤い目を光らせていました。

ミュージアムの中はいろいろなコーナーがあったり、アニメを流しているシアタールームや、絵画が飾ってあったり、絵本が読めるコーナーがあったり。

写真はブログに上げないでねと書いてあったので、めっちゃ写真とったのに書けませんが、感謝状とかがすごく飾ってるブースがありました。

やっぱりやなせたかしの功績はすごいんですね。

ミュージアムの中にスタンプラリーがあり、長女はスタンプラリーに夢中。

施設内は階段がたくさんあって、地下から4階まであるのですが、各所に子供目線でおいてあるエンボススタンプを探すのに血眼になってました。

みんなで協力して、いろいろなところに隠れたスタンプをあつめるのはなかなか楽しかったですが、階段の上り下りでだいぶトレーニングになりました。

ミュージアムを出て、詩とメルヘン絵本館へ。

施設の外にもアンパンマンの顔が書かれてますね。

詩とメルヘン絵本館へ入りました。

絵本の原画が、一枚ずつ額縁に飾られていて、順路に沿って読んでいく美術館と絵本の融合みたいな感じ。

歩きながら長女に読み聞かせという感じ。保育士実技試験の練習がこんなところでも役に立つという資格クオリティ。

施設の外にも、やなせたかし記念公園というのがあり、石像がいっぱいたたずんでいました。

なにかと最近マンホールが気になるのですが、マンホールもアンパンマンですね。

ミュージアムの横には鉄製?の像があり、どんぶりマントリオもしっかりスクラムを組んでいました。

入館料:大人 \700 3歳~小学生以下 \300

ひとしきり遊び倒してバス停でバスを待ちます。

しばし待って、やってきたのはバイキンマンラッピングバス。

バイキンマンバスに乗って、土佐山田駅まで戻りました。

高知駅

土佐山田駅からは各駅停車の電車に乗って高知駅に到着。

スーツケース2つとベビーカーを持って路面電車は少々キツイので、タクシーで旅館へ向かいました。

龍馬の宿 南水

高知龍馬マラソン出走がメインなので、スタート会場に近いところという事で龍馬の宿 南水をチョイスしました。

建物の外にも坂本龍馬像がありました。

再びの長旅でお疲れモードの家族には、お部屋でゆっくりしていただきます。

部屋の壁には龍馬の書が書かれていました。ひとかどの人物になれってことだなー。

高知観光

高知龍馬マラソンの前日参加賞引換に間に合いそうだったので、路面電車ではりまや橋へ。

朱塗りのきれいな橋が架かってますね。街中にこんな橋があるのは珍しい感じ。

高知龍馬マラソンの参加賞をゲットし、アーケードを高知城方面へ。

ひろめ市場をかすめて移動。ちょっと寄ってなんか食べたかったけど、夕食の時間が迫っているので今回はやめときました。

高知城歴史博物館。なんじゃこのでかい博物館はー!

時間があれば古き良き歴史も見てみたいのですが、時間がないのでやむなく先を急ぎます。

山内一豊公の銅像が見えました。スゲー強そうに高い所から見てるぜ感が出てますね。

奥に進むと文学館がありました。

高知城

追手門から高知城へ突入!

板垣退助像越しに、既に高知城が見え隠れしていますね。

山内一豊公の妻、千代と馬の銅像がありました。

高知城がいい感じのライトで照らされてますね。

ここはなんだったかな。。。詰門と書いてあったような。。。

城内をグルグルまわっていると、梅の木がいい感じにつぼみをつけてる感じでした。

夕暮れ時の梅の花というのもいいかもしれませんね。

時間的に本丸まで入れませんでしたので、二の丸から天守を眺めて帰路につきました。

レース前日に観光するにしては、石段なども多くなかなかハードな高知城でした。

龍馬の宿 南水 お食事

初日の夕食は高知らしく大皿料理。

かつおのたたきや刺身、つみれ揚げ、寄せ鍋、釜飯など、ボリューム満点の内容でした。

レース前日のカーボにはもってこいのボリュームでした。

翌日の高知龍馬マラソン出走は別記事で。

高知龍馬マラソン2018 青い海と青い空と沿道の声援に後押しされPB更新
高知龍馬マラソン2018に出走して来ました。 大会前日 今回は家族旅行を兼ねていたため、だいぶ寄り道してしまって、前日夕方に高知...

レース後の夕食は、クジラのすき焼き、天ぷら、ローストビーフなどなど。

レース後のタンパク質補給と、顔マラソンまでの英気を養うのにぴったりのメニューでした。

夕食時にビールを飲み、寝る前にチューハイを飲みつつ3時間程眠った後、高知顔マラソンを強行。

高知顔マラソン完走しました
高知龍馬マラソン2018を完走し、家族とお土産を購入しながら、レースのダメージが思ったほどでもない事に一安心。 旅館で一杯飲み...

朝方戻ってきて、お風呂に入ってからの朝食。

たくさん走ったから、たくさん食べなきゃというのは気のせいで、ガンガン食べてたら出発前いよりも体重が増えてるし。。。

龍馬の宿 南水のお食事はなかなか美味しく、ボリューム満点でございました。

高知駅前

高知龍馬マラソンと高知顔マラソンを楽しみつくして、帰路につきます。

駅前には幕末勇士の銅像がたたずんでいますね。

駅前では、土佐おもてなし海援隊がステージ?をやってました。

武市半平太が女子ってスゲーキャスティングですね。観光客がステージにくぎ付けでしたよ。

空港まではバス移動なのでバスターミナルへ。

空港までのバス経路を見たら、わざわざ高知駅まで来なくても、途中にも乗り場あったんですね。

高知龍馬空港到着。バスの中では長女も意外に静かにしてました。

高知龍馬空港到着。

空港内にはキッズコーナーがあり、ミニはりまや橋とビッグな鳴子が展示してありました。

という事で3泊4日の家族旅行は、羽田空港乗り継ぎの飛行機で終了となりました。

ちなみに飛行機の降下中に長女が耳が痛いと泣き始めて大変だったのですが、帰宅後病院に連れて行ったら中耳炎でしたとさ。

今回の旅行で、高知の地ビールを飲めなかったのが若干の心残りですが、土佐黒潮ビールってもう醸造してないみたいですね。残念。

次回再び高知をおとずれるのは、奥四万十ウルトラトレイルレースに出走する時かなー。ぜひもう一度戻って来たい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です