黄砂の籠城

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出張のおともにはやっぱり小説。

先輩からお借りしたので、人気作家・松岡圭祐の初の歴史小説、黄砂の籠城を読んでみました。

黄砂の籠城

黄砂の籠城(上)

今こそ読むべき、日本の快挙! 圧倒的歴史エンタテインメント。

維新からわずか30年で「国際法を守る規範の筆頭」と、世界から賞賛された日本と日本人の姿を鮮やかに描いている。―元防衛大臣 石破茂

上巻あらすじ)

1900年春、砂塵舞う北京では外国人排斥を叫ぶ武装集団・義和団が勢力を増していた。

暴徒化して教会を焼き討ち、外国公使館区域を包囲する義和団。

足並み揃わぬ列強11ヵ国を先導したのは、新任の駐在武官・柴五郎率いる日本だった。

日本人の叡智と勇気を初めて世界が認めた、壮絶な闘いが今よみがえる。

黄砂の籠城(下)

1900年の中国。明治維新から30余年。4000人の人質を守る日本人がいた。

これぞ、驚愕の近世秘史! とにかく、面白い。―細谷正充(文芸評論家)

超人気作家、乾坤一擲の歴史エンタテインメント。―東えりか(書評家)

下巻あらすじ)

日本は世界の先陣を切って漢人キリスト教徒を義和団から救出したが、西太后は宣戦布告を決断し、公使館区域からの24時間以内退去を通告する。

沿岸部からの援軍も到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に4000人の外国人とキリスト教徒の命は風前の灯火となる。

誇り高き日本人必読の歴史エンタテインメント。

感想

日清戦争後の義和団事件に関して、史実をもとにしつつ、エンターテイメント性を加えた作品に仕上がっています。

個人的には義和団事件という名前は聞き覚えがあるものの、実際にどのような事が起こっていたのかは知りませんでした。

史実に基づく小説という事で、冒頭の入りは読み進めるのに苦労する感じもあり、また、戦争、戦闘に関する描写はなかなか激しすぎる面もあり、中盤までは若干引き気味でした。

というか義和団が人として扱われていない描写がキツイというか。。。

下巻に突入すると、スパイの暗躍や、大砲破壊作戦など、サスペンスやエンターテイメント要素が加えられてきます。

柴五郎の人間性だったり、主人公の桜井が、ロシア兵ラブロフと心通わせるくだりは、なかなか感動しました。

読む人により好みが分かれる作品だと思いますが、日本人である事に対して、考えさせられる作品でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です