ノブクリーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイスキー&シングルモルト完全ガイド掲載のバーボン、ノブクリークを購入しました。

ノブクリーク

これが本来あったバーボンの真の姿

禁酒法施行以前のバーボンが力強かった理由のひとつとして、1897年に制定された法律ボトルド・イン・ボンドがある。

当時、水で薄めた粗悪品や混ぜ物をしたイミテーションが出回り、市場の混乱を招くとともに酒税という国家財政への影響が懸念され、定められたものだ。

1蒸溜所で1年のうちの1シーズンだけ蒸溜したものだけを樽詰めし、政府税官吏監督のもとで4年以上熟成、アルコール度数50%以上で瓶詰めする。

この条件を満たした製品に限りボンデッド、またはボトルド・イン・ボンドと名乗ることができるというものだった。

この品質保証により深遠で力強いリッチなバーボンが誕生していった。「ノブクリーク」はその当時の味わいを復刻したものである。

ブランド名はリンカーンゆかりの地

「ノブ クリーク」とはケンタッキー・ヒルにある小川の名前。

ケンタッキー出身の第16代大統領リンカーンが幼少期を過ごした土地であり、この力強いバーボンにアメリカの最も偉大な大統領の育った地の名を冠した。

ボトルは禁酒法時代をモチーフ

独特のスタイリングは禁酒法時代を物語る。

人々はブーツに隠しやすい形状のフラスクボトルに酒を入れて持ち歩いた。

その形状を取り入れたものである。

ラベルの紙質やデザインは、新聞紙にボトルをくるみ、取締官の目を盗んで持ち歩き、飲んでいたことにちなむ。

ISC2014でウイスキー部門最高賞受賞

毎年ロンドンで開かれる世界的権威のある酒類コンペティションISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)。

選ばれた世界の優秀なブレンダーやディスティラリーマネージャーたちが審査することで名高い。

「ノブ クリーク」は、ISC2014においてウイスキー部門でGOLDを受賞。

さらに「ノブ クリーク シングルバレル」はウイスキー部門最高賞のTrophy(トロフィー)の栄誉に輝いた。

力強さと香味の深遠さを世界が認めた。

感想

色は濃い目の琥珀色。

香りは樽の香ばしさと、バーボン!って感じのエステリーな感じの香りですね。

口に含むとナッツやバニラの甘みの中に、フルーティーなりんごや梨のほのかな甘さも感じられます。

濃いめの色が象徴するビターな感じと、程よい甘みが絡みあって、いい感じの余韻が続きます。

ハイボールだとビターさが強くて、好みが分かれそうなバーボンなので、ロックでじっくり楽しむのがいいかなと思いました。

こっそり飲むためのボトル形状みたいなので、夜更けにこっそり飲みたい一本です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です