高知入りの前に香川観光~さぬきこどもの国・こんぴらさん・高松ハプニングwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いい景色と沿道の声援に恵まれ、PB更新できた高知龍馬マラソン2018。

高知龍馬マラソン2018 青い海と青い空と沿道の声援に後押しされPB更新
高知龍馬マラソン2018に出走して来ました。 大会前日 今回は家族旅行を兼ねていたため、だいぶ寄り道してしまって、前日夕方に高知...

エントリーを決めたのが京都マラソン落選通知を受けてからという事で、宿も飛行機もちょうどいいところは埋まっちゃってました。

今回は家族旅行という事で、高知入りの前に香川から観光しながら移動という予定を組みました。

高松空港

羽田空港からの乗り継ぎで高松空港へお昼に到着。オリーブ牛が気になりますね。

空港内には空の駅かがわという名産品展示ブースがあり、その奥には蛇口をひねると、うどんだしが出てくるブースが。

蛇口からうどんだしとは香川おそるべし!

さぬき麺業 高松空港店

ちょうどお昼でおなかもすいていたので、空港でうどんを食べることに。

さぬき地ビール発見したので先に一杯いただきます!

すっきりキリっとした味わいのケルシュ。飛行機で乾いた喉にビリビリきます。のどごし爽やか。

じゃこ天ぶっかけうどん。コシのあるうどんと、しっかり味のじゃこ天がいい感じ。

妻も長女もうどん美味いねーと満足気。高松空港経由で来たかいがあるってもんですね。

こちらも食べてみたかった骨付鳥。

専門店ではないので皮パリ感はありませんが、にんにく系のスパイシーな骨付鳥でビールにベストマッチ。

このほかに、かけうどんなどもオーダーして、みんなでシェアして美味しくいただきました。

さぬき地ビール \600

じゃこ天ぶっかけうどん \670

かけうどん \350

骨付鳥 \1,080

空港からはバスで移動なのですが、次のバスまで1時間以上時間があるので、タクシーでさぬきこどもの国へ行きました。

さぬきこどもの国

高松空港から滑走路をはさんでタクシーで10分弱。さぬきこどもの国へやってきました。

施設の外をぐるりと囲むアスレチックで、長女は大はしゃぎ!

中に入ると、飛行機のエンジンとか、飛行機やヘリコプターが飛ぶ原理を、こどもにもわかるように体験できる遊具などがありました。

電車のシミュレーターや、電車のシミュレーターもあります。これで無料とはすごい施設ですね。

飛行機シミュレーターの後ろには、お子様用の管制塔があって、そこから高松空港の滑走路が見渡せるようになっています。

飛行機好きの子供なら、大はしゃぎで管制官ものまねとかするのでしょうね。

ちなみに、飛行機シミュレーターは5歳の長女には少々難しかったみたいで、途中で放り出しちゃいました。。。

その他、子供用アスレチックや、木製のボールプール、パソコンが使えるコーナーや、工作室、ビデオ上映の施設とかもありました。

わちゃわちゃ遊んでいましたが、バスの時間が迫ってきたのでタクシーを呼んでもらうことに。

係員のお姉さんに聞くと、タクシーすぐに来ない時があるので、事前予約しておいてもらうのが確実ですとのこと。

ドキドキ時計を気にしながら待ちましたが、15分くらいで来てくれて、無事高松空港へ戻りました。

再び高松空港

バス乗り場から琴平行きのバスに乗ります。

乗客はそれほど多くはなく、私たちの他に7~8人くらい。

道中は瓦屋根の趣のある家々や、点在するうどん屋さんを眺めつつ、ポカポカのバス車内でうとうとしつつ。

次女は妻に抱っこされて爆睡。長女は楽しそうにお菓子やジュースを口に入れながらバスに揺られます。

レオマワールドや、うどん街道を通り過ぎ、琴平駅まで向かいました。

琴平駅

16:30頃に琴平駅到着。なかなか趣のある駅舎で写真映えしますね。

こんぴらさん参道へ向かう途中で、高灯籠というのが見えました。でけー。

日本一の灯籠で、瀬戸内海を航海する船の道しるべとして建てられたものだそうです。

ベビーカーを押して、スーツケースを2つ持ちつつ、長女の歩幅に合わせながら旅館を目指します。

こんぴらさん表参道入口

長女の歩く速度に合わせて20分程で参道入口までやってきました。

私が食べたかった、かまたまソフトですが、お店は閉まる寸前。

ギリギリ間に合って購入できたものの、ねぎが品切れという事で、かまたま感は半減。。。

細めのソフトクリームをうどんに見立てて、しょうが醤油のタレがかかったかまたまソフト。

甘さとしょっぱさが程よくミックスされて、意外に合うもんですね。ねぎかけて食べたかったわー。

かまたまソフト \350

妻と長女は向かいのお店で、見た目がかわいい嫁入りおいりソフト。

ソフトクリームにカラフルな米菓子のおいりをくっつけたおいりソフト。

見た目のかわいさもいいですが、おいりのサクサク感がくわわって、ソフトクリームが面白い食感になりますね。

長女は食べようとしてポロっとおいりが落ちちゃったりしたので、子供にはちょっと食べにくいかもしれません。

嫁入りおいりソフト \350

わたやRYOKAN

まずは旅館にチェックイン。こんぴらさん表参道入口近くのわたやRYOKANです。

チェックイン時に夕食、朝食時間を決めて、フロントで浴衣の大きさを選んで部屋へ。

フロントでかわいいワンちゃんがお見送りしてくれました。ペットと一緒に宿泊できる部屋もあるそうです。

長旅でお疲れの家族には一旦お部屋でくつろいでもらいます。

夕食時間までまだ1時間半くらいあるので、ここからはソロでこんぴらさん参拝に出発。

こんぴらさん

わたやRYOKANのフロントで聞いたところ、本宮まで40分、帰ってくるまで1時間半くらいかかって、本宮は18時に閉まるとのこと。

現在時刻は17:15。このままだと夕食時間に間に合わないと急いで出発。

時間も時間なので、参道のお店はほとんど閉まっちゃってますねー。華やかさがないわー。

一乃坂鳥居と階段が見えてきました。思った以上に階段が多い。。。

参道の建造物や銅像などを眺めつつ、石段を上って大門へ到着。

さらに石畳の道を鳥居をくぐって進みます。春には桜がきれいで桜馬場と呼ばれているそうです。

桜馬場西詰銅鳥居に到着。しあわせさん、こんぴらさん。いい響きですね。

社務所門をくぐって先へ進みます。

なかなか石段が多くて息が切れてきました。下りてくる年配の男性が蛇行しながら石段を下りてきてました。

祓戸社の前を通り過ぎて進みます。

石段続きでかなり息がゼーハーしてきました。すれ違う人もいなくなってきたので1段飛ばしでガンガン上ります。

旭社に到着。高さ18メートルとなかなか迫力のある作りですね。

しばし見とれた後、手を合わせて参道を進みます。

黄銅鳥居をくぐって石段を上り…

賢木門。これもすごい見ごたえのある門ですね。

ちょっと木陰で暗くなっている闇峠の鳥居をくぐります。

真須賀神社に手を合わせ、左手の石段を上りきると…

ゼーハーしながら本宮に到着。出発から15分で本宮までたどり着きました。

息を整えて、家内安全とレースの無事を祈願しました。

神楽殿もなかなかきれいで目を引きますね。

三穂津姫社もなかなか荘厳な構えですね。

本宮の方を振り返ると、長い長い渡り廊下があります。ここを巫女や参拝者が通るみたいですね。

三穂津姫社の向かい側には御炊舎がありました。

銅馬や絵馬殿を右手に見ながら帰路につきます。

下向道を下りる頃にはあたりはすっかり暗くなり、灯籠の明かりがともっていました。

薄暗い中、大山祇神社に手を合わせ、来た道をタタタタっと駆け下りて行きました。

行きにすれ違った年配のご婦人に、「さっき2段ずつ上ってた方ですよねー、もう帰って来たの?元気だねー」と声をかけられました。

ありがとうございます。汗だくで行ってまいりました。

参道入り口まで戻ってきたのが17:45。約30分の本宮スピード参拝となりました。

時間的に奥社までは行けないなーと思っていたのですが、昨年の台風で奥社への参道が崩落しているようで通行止めとなっているようでした。

灸まん

高松空港から琴平駅までバスで移動している中で、道路沿いの電柱に「灸まん」の文字がいっぱいありすぎて驚き。

そんなに有名なら食べておこうという事で、旅館のとなりのお店に入ってみました。

ちょびっとだけ食べてみたかったので3個入りを購入。

写真撮り忘れましたが、金毘羅初詣記念という木札もいただきました。

お灸の形をした饅頭でした。ひよ子と似た感じの食感と味わいでした。

灸まん3個入り \255

わたやRYOKAN

部屋に戻って温泉で汗を流した後で、浴衣に着替えて夕食会場へ。

大広間にテーブルと椅子が準備され、部屋番号のプレートがありました。

刺身に煮魚、うどんにお肉と、これぞ温泉旅館というゴージャスなボリューム感。

ビールを飲みながら刺身や煮魚をつまんでいると、頃合いを見て熱々の茶碗蒸しを持ってきてくれました。

再びいい頃合いでお肉を焼き始めるあたりに、ご飯とお吸い物が出てきます。

お肉は藻塩かゆず胡椒でいただきます。軟らかめの美味しいお肉で満腹満腹。

デザートはイチゴののったプリン。長女がイチゴだけペロリとたいらげ、あとは食べていいよと言われましたwww

私が先に食べ終わったので、次女をあやしながら二人が食べ終わるのを待ってました。

大広間から見える庭は、石灯籠や竹などがあり、緑色のLEDでライトアップされていました。オッシャレ―!

大満足の夕食だったので、朝食も楽しみなところですが、私には別なミッションが課せられている。。。

翌朝のミッションのため、家族旅行初日は早めの就寝となりました。

高松へ

家族旅行2日目。時刻は朝5:30。まだ夜明け前の暗い中、ソロで琴平駅前まで歩きます。

琴電琴平駅で高松築港行きの切符を購入。

琴電はこんぴらさん仕様の車両もあるんですね。始発に乗り込みいざ高松へ。

移動時間は3月試験の仕込みに使いつつ、早起きしたので寝つつ。

各駅停車の琴電に揺られること1時間で高松築港駅に到着。

玉藻公園の石碑と風情のある松が誘います。

朝日に照らされた高松城を見たいなーと思いつつ、見ている時間がないのであきらめて高松駅へ。

このでかい建物はホテルクレメント高松ですかね。

高松駅に到着。海が近いからか風が強くて冷たいですねー。

さてさて長女を喜ばせるため、小一時間かけて高松まで来たのは、予約していたアンパンマン弁当を受け取るため。

駅構内のお店は7:20開店の様だったのですが、予約客がいるからか開店時間前から受け取りできました。

食べ終わっても容器は弁当箱やおもちゃ箱に使えるので、せっかく来た思いでとしてはいい買い物かなー。

アンパンマン弁当 \1,200

げんき100ばい!アンパンマン弁当 \1,300

琴平へ戻る

アンパンマン弁当購入というミッションをクリアし、意気揚々と琴平へ戻ります。

朝乗ってきた琴電で戻るか、JR特急で戻るか、JR各駅で戻るかという選択肢があったのですが、早く旅館に戻りたいという事で特急しまんとを選択。

自由席に座り、3月試験の仕込みをしながら、車窓を眺めながらのんびりしてました。

坂出、宇田津、丸亀…。車内はポカポカあたたかくて、ウトウトしてしまいました。

ハッと気が付いて時計を見ると、時刻は8:10…!!!!!

車内の電光掲示板を見ると、次は阿波池田と表示されています。

ヤベー!!!!!寝過ごした―!!!!!

急いでスマホで戻り時間を確認。阿波池田で下りて、折り返しの特急で琴平までもどったらなんとか予定していた電車には乗れそう。。。

阿波池田で降りて、駅員さんに乗り過ごしてしまいましたと伝えると、切符に誤乗のハンコを押してもらって、ゆっくりして行ってくださいと優しい言葉をかけられました。

妻に事の顛末を説明し、旅館からタクシーでスーツケース2つとベビーカーを積んで、琴平駅まで移動してもらうことに。

ホッとしながら阿波池田駅周辺を散策。円形ステージがある公園がありました。

しばらく待つと折り返しの特急がやってきました。

予定外に家族を差し置いて、私だけフライングでアンパンマン列車に乗ってしまった。

ここからは一睡もしてはいけないと、気を張りながら琴平まで戻りました。

琴平で家族と再会し、再びアンパンマン列車で高知へ向かいましたとさ。

~高知観光へ続く~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    前日に香川入りは聞いていましたが、家族サービスもばっちりじゃないですか!
    これだけ楽しめたら、奥様もお子さんも大満足でしょう!
    香川は、サラリーマン時代にレオマワールドで挙式を挙げた先輩のお祝いで
    東京から飛行機で行きました。
    春にツーリング先に香川で一泊という案もあるので、ボボさんが立ち寄られた場所も
    寄ってみたいなと思います。

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      >前日に香川入りは聞いていましたが、家族サービスもばっちりじゃないですか!
      >これだけ楽しめたら、奥様もお子さんも大満足でしょう!
      今年はソロ遠征も多数入れて行くので、序盤で家族を巻き込んで楽しんでおこう大作戦でした。
      長女は楽しそうに遊んでいて、妻はおいしいご飯に満足したみたいです。良かった。

      >香川は、サラリーマン時代にレオマワールドで挙式を挙げた先輩のお祝いで
      >東京から飛行機で行きました。
      レオマワールドですか。子供向けにはレオマワールドもいいかなと思ったのですが、こんぴらさん優勢勝ちでしたwww

      >春にツーリング先に香川で一泊という案もあるので、ボボさんが立ち寄られた場所も
      >寄ってみたいなと思います。
      香川までツーリングですか。いいですね。
      淡路島、鳴門海峡とかも見てみたいなー。ツーリング報告楽しみにしてますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です