海の日は十三湖でしじみ拾い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海の日ということで、海ではありませんが汽水湖の十三湖へしじみ拾いに行ってきました。

十三湖とは

津軽国定公園内に位置しており、周辺自治体は五所川原市(旧市浦村)、北津軽郡中泊町(旧中里町)、つがる市(旧車力村)である。周囲約30キロメートル、水深は最大3.0メートルに過ぎず、南方より岩木川が流入する。この川が日本海に向かう途中、砂州によって塞き止められ汽水湖となった。独特の荒涼とした風景に囲まれている。

特産物はシジミであり、宍道湖、小川原湖と並ぶ日本有数のシジミ産地である。シジミ漁については十三漁業協同組合、車力漁業協同組合がある。資源保護のために1日の漁獲制限や禁漁区禁漁期間を決めるなどしてヤマトシジミの資源維持につとめている。 ジョレンを船で引っ張って採る。

中世(13世紀初頭〜15世紀前半/鎌倉時代〜室町期)には日本海沿岸の交易港「十三湊」の在った場所であり、津軽地方の有力豪族であった安倍氏・安藤氏(安東氏)の拠点として栄えたが、近世以前に衰退した。資料は少ないが、1991年から発掘調査が行われ研究が進められており、実態が明らかになってきている[4][5][6][7]。この「十三湊遺跡」は、2005年(平成17年)7月に国の史跡にも指定されている。

また、オオハクチョウ、コハクチョウの渡来地として知られ、「十三湖のハクチョウ」として県の天然記念物に指定されている。

十三湖や十三湊の名称の由来は、日本海と湖の間にある砂州に13の集落があった、13の川が流入しているなどの他に、アイヌ語で「トサ」(川尻の湖)を意味しているとする説もあるが、よく分かっていない。なお、南方にある十二湖とは無関係である。

(十三湖 – Wikipediaより引用)

20150720-04

天気予報はくもり時々雨で、朝方から雨がパラついたり微妙な天気だったのですが、現地入りしたら若干曇ってはいますが晴れ間がのぞいているいい天気となりました。

駐車場に車をおき、歩いて橋を渡って中の島ブリッジパークへ。

20150720-05

キャンプ場やケビンハウスもありました。キャンプもいいですね。

今回はしじみ拾いがメインなので、しじみ拾いの受付へ。

しじみ拾い

小学生以上1人300円で、「十三湖のしじみ」と書いたビニール袋を購入。

ざるは無料で貸してくれますが、利用者が多いと無料のざるは全て貸出し中ということもあるそうです。

今回は借りられましたが、繁忙期は100円ショップなどで購入していった方がよさそうです。

20150720-06

しじみ拾い体験場へはコンクリートの階段を下りて入ります。

遠浅の地形で、ブイで区切ってある体験上内は深くてもひざ上くらいまでです。

区画内で砂地をざるで掘り返して、しじみ貝を拾います。

が、しじみ用のビニール袋をいっぱいにするには、1日いっぱい掘り返すぐらいの根気が必要です。

子供連れで根気のない我々は、2袋あったにも関わらず1時間でギブアップ!

なんとか両手ですくえるくらいのしじみをゲットして車へ戻りました。

20150720-07

十三湖しじみ村

駐車場付近にはソフトクリームやしじみを使った食品を販売しているお店が並んでいます。

20150720-03

しじみはゲットしたのですが、名産ということでしじみ汁200円を購入。

お店のご好意(または売り込み?)で、味噌しじみもサービスしていただきました。

しじみ汁が体にしみわたります。味噌しじみはご飯欲し―って感じです。おいしくいただきました。

20150720-08

道の駅十三湖高原へ

昼食は涼しい所でと考えて、道の駅十三湖高原へ移動しました。

20150720-09

レストランでしじみラーメンとミニ海鮮丼セット。とっても美味しくいただきましたが少々食べ過ぎ?

しじみラーメンの他にも、市浦牛ステーキなど、牛肉押しのメニューと、しじみパスタ、しじみ汁焼きそばなど、しじみ押しのメニューがメインで並んでいました。

20150720-11

136mのローラー滑り台

道の駅の敷地内に、展望台とローラー滑り台があります。

食後の腹ごなしに家族でローラー滑り台に挑戦。入口におしりに敷いて滑るための専用マットが準備されています。

マットにおしりを乗せて体育座りでスタート!

20150720-12

あじさいが咲き乱れる中、ガラガラとローラー音を鳴り響かせ、けっこうなスピードで滑り降りていきます。

あっという間にゴールへ到着。妻と娘は楽しそうでしたが、私は体重があるからかおしりが熱くて大変でした。

滑り降りたら階段でスタート地点まで登って戻ります。

前日の岩木山トレイルランニングフェスティバルのダメージが残りまくりで、私だけ3回でギブアップ。

展望台で妻と娘がはしゃぎながら滑るところを眺めていました。

20150720-13

感想

しじみ拾いは拾う量を気にしなければ、小さい子供連れでも一緒に楽しめます。

袋いっぱいしじみを拾おうとか考えると、一日仕事になってしまいますのでご注意を。

写真にはとりませんでしたがアスレチックやゴーカートなどもあり、併設されているキャンプ場に子供連れで行っても、飽きることなく過ごせると思います。

道の駅のすべり台もおすすめですよ。

おまけ

実際に拾ったしじみの量は両手ですくえる程度でした。家族で楽しめて300円なら安いもんですね。

20150720-15

道の駅では、7月20日から年末までのスタンプラリー台紙が無料配布されています。

北海道新幹線開業に向けての、青森県と北海道道南の観光企画的な感じです。

スタンプラリーの応募条件が厳しく、フェリーに乗って観光しないと応募できないため微妙ですが、県内の道の駅でスタンプ収集するくらいならいいかもしれませんね。

フェリーを利用して観光される方は是非チャレンジしてみてください。

20150720-14

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です