ジョニーウォーカー ブラックラベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイスキー&シングルモルト完全ガイド掲載のブレンデッド・スコッチ、ジョニーウォーカー ブラックラベルを購入しました。

ジョニーウォーカー

ジョニ赤、ジョニ黒と親しまれる

世界のベスト・セラー・ブランド

(ウイスキー&シングルモルト完全ガイドより引用)

ジョニーウォーカー ブラックラベル

マスターブレンダーからマスターブレンダーへと6世代にわたり受け継がれてきた門外不出のブレンディング技術で、スコットランドで丹念につくられた「ブラックラベル」。

門外不出のブレンディング技術で、29もの味わい深いシングルモルトをブレンドしたブラックラベル。

ブラックラベルの象徴的なフレーバーであるスモーキーさ、12年熟成による樽香をはじめ、バニラの様な甘み、オレンジやレーズンなどのフルーティな味わいなど、ブレンドならではの多様な味が感じられます。

Masterpiece(傑作)、The Everest of premium whisky(プレミアムウイスキーのエベレスト)と称されるなど、ジョニーウォーカーを代表するブレンドをお楽しみください。

当時すでに高い評価を得ていたジョニーウォーカーの「スペシャルオールド・ハイランドウイスキー」が、色でラインナップを表現するというユニークなアイディアで1909年に「ブラックラベル」と名前を変えたことで誕生。

四角いボトル、斜め24度に傾いたアイコニックなラベルと共に、当時すでに世界の多くの国で親しまれていたジョニーウォーカーにとって、言語に関係なく世界のどこの店でも一目で分かるアイコニックな個性が与えられました。

以来100年以上にも渡り、ジョニーウォーカーを代表する商品として広く愛されています。

感想

色合いはイエローが強めの琥珀色。

香りは華やかでフローラルな感じの中に、若干のスモーキーさが感じられます。

口に含むと入りは辛口なスッキリした感じで、程よいスモーキーさと、舌の付け根あたりに樽由来のウッディ―さを感じます。

余韻も辛口ながら後を引くバランスの良さで、ずーっと飲んでいられそうな安心感がありますね。

香りが華やかな割に、飲み始めると骨太の男っぽい感じの味わいで、結構ギャップがありましたが、飲み続けているとだんだん美味しさの本質に近づいている感じがしてきます。

ベストセラーになるには、安心して飲める飲み飽きなさが必要なんですね。リピートしたくなる安定感のある一本でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です