第30回記念 北海道マラソン2016なんとか完走:雲ひとつない青空に撃沈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第30回記念 北海道マラソン2016に参加してきました。

第30回記念 北海道マラソン2016 にエントリーしました
2016年8月28日開催の、第30回記念 北海道マラソン2016 にエントリーしました。 北海道マラソンとは 北海道マラソンは、日本国内...

大会前日

政令指定都市での大会だけあって、当日受付なしということで前日入りしました。

ナンバーカード引き換え場所の大通公園は、マラソン参加者+観光客でごったがえしてました。

20160827-05

キャリーバッグを引きずりながらナンバーカード引換に向かいます。

20160827-01

受け取ったナンバーカードが正常動作するか、事前にチェックしてくれます。

が、チェックしてくれた方がおじいちゃんで、何言ってるかよくわかりませんでした。。。

自分の名前がパソコンの画面に表示されたらOKみたいなことを言われました。

20160827-03

参加賞のTシャツを受け取りに行く途中でゆるキャラ発見。

テレビ塔のキャラクター「テレビ父さん」だそうです。

20160827-04

参加賞のTシャツを引き換えに列に並びます。

20160827-06

引き換えが終わって帰ろうとしたら、もち配布してたのでありがたくいただいて帰りました。

20160827-07

ゼッケン、ICチップ、大会プログラム、参加Tシャツ、荷物袋、参加者・完走者特典のクーポン、もち等をゲット。

20160827-08

この後、翌日に備えて早めに夕食をとり、24時間TVをチラ見しつつ、登録販売者の仕込みをして就寝しました。

小心者なので早く寝すぎると、夜中に目が覚めて寝付けなくなる対策ということで。

大会当日

台風の影響で天気予報が二転三転して、雨予報だったのが雲ひとつない青空。

大通公園からのテレビ塔がまぶしい。

20160828-01

7:30から荷物預り開始ということで、さっさと預けて最後のストレッチと、少々のアップを行います。

20160828-02

熱中症やエネルギー切れに注意ということで、スポーツドリンク、バナナ、トマトなどが配布されていました。

20160828-03

長蛇の列のトイレに並び、スタート地点に整列します。

整列中に再びトイレに行きたくなって来ましたが、気のせいと言い聞かせてスタートを待ちました。

テレビ塔のデジタル時計が、北海道マラソン向けにカウントダウン+タイム表示を行ってくれるようです。

20160828-04

スタート

Fブロックからのスタートで、9:00のスタートから6分遅れでスタート地点を通過しました。

大規模マラソンならではのスタート渋滞に、なかなかスピードが上げられないフラストレーションの中、序盤を走ります。

1kmのラップが5:41。ゆっくりペースのランナーをすり抜けつつ、5:20/kmペースを軸に進みます。

7km地点まではランナー渋滞がひどく、5:30/km~5/20/kmで走りました。

給水所もだいぶ混雑して、ペースの上げ下げが激しい感じが否めません。

8km地点からは少々スペースが空いて走りやすくなってきました。

5:10/km~5:20/kmをキープしつつ21km地点まで突っ込みました。

一度目の休憩

ここで序盤から気にしていた尿意が爆発。急いでトイレにかけ込みます。

1分近くロスした時間をリカバーしようと、その後4kmは5:00/km~5:10/kmペースで飛ばしました。

折り返し地点でノックアウト

なんとか3時間45分ペースにのせようと頑張って来ましたが、26km?の折り返し地点で呼吸がしにくい状態に。。。

心拍数も175近辺をキープしているし、このまま突っ込んだら完走が危うくなりそうということで、観光runに切り替えてしまいました。

ということで早速写真を撮りながらペースを落として進みます。

20160828-05

あー!雲ひとつない青空!

これが海辺のリゾートだったらどれだけテンションが上がることか。

今は新川町のアスファルトの上を走っております。。。

20160828-06

タイム狙いの時は給食はとらないのですが、観光runなので食べまくりでございます。

石屋製菓の白いバウムを美味しくいただきながら先へ進みます。

20160828-07

一度目標を失うと、とどまることを知らないくらいペースが落ちてしまいました。

歩く、走るを繰り返しながら何とか先へ進みます。

次の給食はスイカ!3個ほど食べて元気を取り戻しました。

20160828-08

北海道大学構内へ突入。

このあたりからはモチベーションが保てず、色白の女性ランナーの後ろについて、白い恋人と一緒に走る作戦を敢行。

給水所が近づくまでなんとか走るのですが、給水所で白い恋人をロスト。。。

新たな白い恋人を待つというのを、何クール繰り返したことか。

20160828-09

和太鼓での熱い応援を背に走ります。

ここからは白い恋人頼みではなく、フィニッシュ後のビールめがけて、走るリズムに合わせて「ビール!ビール!」コールをしながら自分を奮い立たせました。

20160828-10

残り1kmくらいは本気で走るかということで、スピードを元に戻して5:00/kmペースでフィニッシュとなりました。

ゴール

20160828-11

折り返しで途切れたモチベーションは残り1kmまで戻らず。

4時間20分台前半でゴールとなりました。

レース後

完走メダル、フィニッシャータオル、水、かち割り氷をもらって少々休憩。

完走賞と号外をもらって荷物置き場に移動します。

途中、中国人?にものすごいテンションで話しかけられました。

中国語だと全然わからないので、カタコトの英語でやり取りしたら、かち割り氷2個あるなら1個くれとのこと。

快くプレゼントして別れた後、荷物をとり、着替えてビール補給へ向かいました。

感想

20160828-13

気温はそれほど高くないと、気合を入れてハイペースで突っ込んだ結果、26kmで撃沈というグダグダな結果となってしまいました。

今回は、雲ひとつない青空のすがすがしさと、マラソン時の快晴の恐ろしさを改めて実感しました。

ラスト1kmで5:00/kmが出せるなら、もうちょっと頑張れそうな感じもありましたが、メンタルがやられちゃーおしまいよということも実感。

おかげでレース後も翌日もそれほど痛みがなく、来週もう1レース行こうと思えば行けそうなほどです。

秋のレースまでにインターバル走とロング走をこなして、スピード持久力とスタミナをアップしないと、3時間45分は切れないかも。

まずは目前の試験をこなしつつ、目標達成に向けてトレーニングを積みたいと思います。

白いバウムおいしかったー。お土産にいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    まずは、完走おめでとうございます!

    途中であれですけど、美味しいものを頂きながら青空とお姉ちゃんを

    見ながらの走破もこれはこれで良かったのではないでしょうか?

    北海道のゆるキャラの微妙さに笑えました。

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      レースはグダグダでしたが、色々楽しめたので良かったっちゃー良かったかもです。

      テレビ父さんは非公認キャラのようで、めざせふなっしー的な感じでしょうか。

      レースの他にも、うまいもの祭り開催してきましたので、落ち着いたらアップしたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です