第13回弘前・白神アップルマラソンにエントリーしました

青森県内唯一のフルマラソン大会である、弘前・白神アップルマラソンにエントリーしました。

弘前・白神アップルマラソンとは

日本一の桜とりんごのまち、弘前市で開催される青森県内唯一のフルマラソン大会です。

今年は2016年の北海道新幹線開業を見越して、青函圏観光都市会議主催の2015青函圏マラソンラリーの対象大会にもなっています。

コース的には、市役所付近からスタートし、日本百名山の一つ「岩木山」を眺めながら進み、りんご並木のアップルロードを走り、西目屋村で折り返して帰ってくるコースとなっています。

高低差約100m。前半は登り基調、後半が下り基調なため、前半は温存してネガティブスプリットが効果的なコースです。

詳細

2019年10月6日(日)に開催される第17回弘前・白神アップルマラソンの公式サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

エントリー

runnetに登録されている方は、runnetからのエントリーが簡単です。

フルマラソンは参加料4,000円+手数料205円でエントリー可能です。

パンフレットを請求して、専用振込用紙で郵便振替するか、大会事務局まで持参する方法もあります。

手数料を気にされる方は、大会事務局まで持参すれば手数料がかかりません。

私は面倒なのでrunnet経由でエントリーしました。

エントリー A.RUNNET またはB.専用払込用紙でお申し込みください。 ARUNNET(インターネットエントリー) 申込期間2019年6月1日(土)~ 2019年7月31日(水) 下の「エントリー」ボタンをクリックし、指示に従ってお申し込みください。6月1日(土)午前0時のエントリー開始日時になると、エントリ...

補足情報

りんご並木のアップルロードを走り、ゴール後にアミノバリューとりんごがふるまわれます。

また、競技終了後にお楽しみ抽選会が行われ、ランニングシューズや地場産品が当たります。

フルマラソン完走者2名に、NAHAマラソンの出走権プレゼントもあります。NAHAマラソンはもう一度チャレンジしたいですね。当たらないかなー。

なお、今回からナンバーカードと計測用チップは参加案内と一緒に届くため、当日の受付が不要とのこと。

昨年はフルマラソンの受付だけ長蛇の列だったので、運営見直しされたんですね。いいことです。

意気込み

昨年はサブ4を目標に出走したのですが、微妙にはみ出てしまいました。

今年こそはきっちり4時間以内でゴールしたい!

35kmまでは足を温存して走れるように、しっかり仕上げていきます。

トレイルランニングのレースもはさむので、トレイルランニングや登山もトレーニングに入れて足を作っていければいいかなと。

秋のフルマラソン出走に向けて、日々トレーニングを続けています。 昨年は青森県内のハーフマラソン以上のレースにフル参戦し、家族にあきれら...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク