平成28年度第18回危険物取扱者試験乙種第1類受験報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みしていた平成28年度第18回危険物取扱者試験乙種第1類を受験して来ました。

平成28年度第18回危険物取扱者試験乙種第1類申し込みしました
前回受験した乙種第5類・第6類の免状も届きましたので、乙種制覇のラスト科目である第1類の申し込みを行いました。 申し込み方法 今...

受験会場

前回に引き続き弘前東高等学校での受験でした。

自宅で仕込みをした後に9:15頃に向かったのですが、駐車場がだいぶ埋まっていてヒヤヒヤしてしまいました。

会場入り

試験室⑧に入りました。

全部で20名くらいでしょうか。免除なしで乙種2科目受験する強者もいるようでした。

09:45から試験説明するので、事前にトイレや電話等は済ませてくださいとアナウンスがありました。

その後、注意事項の説明がありました。

受験票に写真を貼っているか、署名をしているか、回収した後本人確認をするから顔を見せること、配布した問題用紙は回収する事など、聞きなれた説明がありました。

問題用紙は1冊、解答用紙が受験する科目数分だけ配布され、日付、試験地、氏名、受験する類の番号、受験番号を記載およびマークしました。

ちなみに、免除なしで複数科目受験する方は、共通問題も両方同じ解答をマークしなければいけないんですね。

10:00に試験開始となりました。

試験開始

今回も免除申請をしていたため、乙種1類の性質・消火の10問を解答するのみです。

1問目から6問目までは、共通する性状、貯蔵・取り扱い方法、消火方法、過酸化物の消火方法あたりを押さえていれば解答できる問題でした。

6割は超えたなと安心し始めたら、第7問以降は、硝酸アンモニウム、重クロム酸アンモニウム、塩素酸カリウム、ヨウ素酸カリウムなどの個別問題。

1問はわかったのですが、残り3問が2~3択までしか絞れず微妙。

7問は大丈夫そうだからいいかと10分で解答終了。

35分経過まで退出できないので、他類の問題をながめつつ瞑想。

合格している類の問題も結構忘れているという悲しさ。。。

ラスト5分でマークミスがないか再確認して35分経過。試験終了となりました。

感想

冒頭の6問が安心して解答できる問題だったので、おそらく合格圏だと思いますが、個々の物質の水に溶けるか、アルコールに溶けるかや、色については系統立てて覚えておかないと危ないかもしれませんね。

後半は問題集に載ってない問題だった気がしますので、基本問題は確実に取っていればあとは運かなという気も。

合格発表は2月15日頃とのことです。

という事で、そろそろ日商簿記2級の準備に本格的に取り掛かろうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. WIND より:

    乙1受験お疲れ様でした。

    乙1地味に覚えることが多いですよね。

    早速くじけてしまいました。(笑)

    やっぱり性状についてはきちっとやっておかなければ危ないのですね・・・。

    2月15日 楽しみですね!

    • ボボ・ブラジル より:

      >WINDさん

      ありがとうございます。

      1類共通の特徴などはすぐに入ってくるのですが、個々の物質の色とか何に溶けるかなどは、いざ聞かれると迷ってしまいました。
      名前も似たり寄ったりでこんがらがってしまいますしね。

      合否は気にせず次の試験の準備にかかりたいと思います。
      WINDさんも3科目受験頑張ってくださいね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です