フロム・ザ・バレル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はニッカのフロム・ザ・バレルを購入してみました。

フロム・ザ・バレル

再貯蔵「マリッジ」から生まれる、重厚な味わいとコク、豊かに広がる香り。

『フロム・ザ・バレル』は、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。

この再貯蔵は「マリッジ(結婚)」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。

再貯蔵された多くのウイスキーは、瓶詰め前に割り水によってアルコール分・40~45%程度に調整されますが、『フロム・ザ・バレル』は、割り水を最小限に留め、アルコール分「51%」に設定。

骨太な飲みごたえとともに、再貯蔵(マリッジ)で生まれた濃厚にして繊細な香りと味わいのハーモニーをお届けしています。

ボトルデザインのコンセプトは、ウイスキーの「小さな塊」。

個性的な四角いボトルデザインの開発は、グラフィックデザイナーの佐藤 卓氏。

氏の著書「クジラは潮を吹いていた。」では

「強くて濃いウイスキーが、どのようなボトルであるべきか。

私は「小さな塊」にしたいと思った。濃いものは少ない量のほうが美味しそうである。

・・(中略)・・

味の濃いものは少ない量。

つまり、小さな塊という隠喩に則ってこのような首の短い四角いボトルをデザインした。

四角いボトルは同量の円柱ボトルとくらべ、正面から見て小さくなる。」と語られています。

『フロム・ザ・バレル』は、重厚な味わいとコクが詰まったウイスキーの「小さな塊」。

1985年以来のボトルデザインは、時代を超えて輝き続けています。

感想

色は濃い目で再熟成したぜー!というアピール感のある色。

香りは甘さが感じられるシロップのような品の良い香りです。

口に含むとアルコール度数の高さを感じさせないまろやかな口当たり。

バニラ系の甘さと、樽由来の香ばしさ、ほろ苦さが絡まりながら、最後はバニラ系の甘さが後を引く感じ。

入手のしやすさと飲みやすさの割に完成度が高い一本ですね。

ボトルの形的にグラスに注ぎにくいのが難点です。もったいないのでこぼさないように飲まないとですねー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です