ファイティングコック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイスキー&シングルモルト完全ガイド掲載のバーボン、ファイティングコックを購入しました。

ファイティングコック

力強い”キック”を感じさせ

その名にふさわしいヘヴィタイプ

(ウイスキー&シングルモルト完全ガイドより引用)

ヘヴン・ヒル 蒸留所の歴史

このファイティングコックをはじめとして、エライジャクレイグ、エヴァンウイリアムス、ヘンリーマッケンナ、J.W.ダントなどの主要ブランドをもつヘヴン・ヒル蒸留所はケンタッキー州ネルソン群バーズタウンに本拠を置いている。

1889年に農場主ウイリアム・ヘヴンヒルから土地を買い取り、その場所に最初の蒸留所を建設したが、まだ家族経営の小さなものだった。

同社が会社組織となり、本格的なバーボン蒸留に乗り出したのは、禁酒法解禁後の1935年以降多国籍巨大企業の支配下に無い数少ない独立系大手メーカーであり、現在では最大の規模を誇っている。

また、同社はビーム家とのかかわりが深く、蒸留もビーム家の一員が担当し、酵母もビーム家のものを使用している。

なお、ヘヴン・ヒル社はボトラー(瓶詰め業者)向けに樽売りもしており、同社製造の原酒を購入したボトラーたちは、熟成年数やアルコール度数のさまざまなバーボンに仕立て上げ、独自のブランドで販売している。

爽やかにはじける口当たり、骨格のある香りには親しみのある温和さが溶け込んでいる。

フィニッシュに残る焦げ臭さがこのバーボンの最大の特徴である。

ファイティングコック“闘鶏”の名のとおり、闘う男が似合うウイスキーだ。

感想

色は濃いめでベッコウ飴のような感じ。アルコール度数が51.5度と高めのバーボン。

色が濃いので香りも強いのかと思いきや、香りは穏やかで穀物や樽の香りが控え目にくる感じ。

口に含むと、度数の割にはまろやかな口当たりだけど、独特の樽香が来ます。

なかなかパンチ(キック?)の効いた、男っぽいバーボンでございます。

今日はやったったぜ的な日の夜に、一人ロックで飲みたい一本です。

度数が高いので、調子にのって飲みすぎると、ノックアウトされそう。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です