Excel VBA スタンダードとスタンダードクラウンの認定証が到着しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月11日に受験したExcel VBA スタンダードとスタンダードクラウンの認定証が到着しました。

Access VBA スタンダード受験報告
申し込みしていたAccess VBA スタンダード受験してきました。 受験会場 以前統計検定2級を受験した時と同じ、オデッセイテ...
Excel VBA スタンダード受験報告
申し込みしていたExcel VBA スタンダード受験してきました。 受験会場 今回はソフトキャンパス弘前校での受験となりました。...

合格証在中封筒

MOS Masterの時は金色のシールが貼ってありましたが、スタンダードクラウンは差異なしでした。

同じような封筒が同時に2通来てました。

中を開けると、合格証と3年以内なら3,000円で再発行する旨の説明、統計とプログラミング資格のおすすめが入っていました。

統計検定、Pythonエンジニア認定試験など、AI、ビッグデータ関連推しですね。興味あるので受けてみようかな。

スタンダードクラウンも合格証と再発行説明が入っていました。

合格証

いつもの感じですねー。

スタンダードクラウンは、Accessの難易度が高かったので、もうちょっと差をつけてくれてもいいのにと思っちゃいました。

感想

実務領域に近い内容なので、学習時間が両方合わせて10時間弱と、あまり仕込みに時間がかからなかったのですが、なかなか申し込んで受験するまで時間がかかってしまいました。

最初にテキストを購入してから2年以上経過しての合格なのに、学習時間かかってなさすぎwww

やっぱり気持ちが入っている時に一気に片付けてしまわないとダメだなーと、違う意味での反省点が際立つ感じになってしまいました。

VBAに慣れている方であれば、テキストをざらっと読んで試験範囲を確認して、ダウンロードできる模擬問題をミスなく解答できるようになれば、十分合格できる試験だと思います。

ExcelよりもAccessの難易度が1レベルくらい高いので、油断していると足元をすくわれるかも。

新試験にリニューアルされたので参考にならないかもしれませんが、受験される方は頑張ってください!

さて、統計検定とPythonエンジニア認定試験も視野に入れつつ、機械学習やディープラーニングも学んで行きたいなー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です