2019年度第3回実用英語技能検定2級二次試験受験報告

一次試験はギリギリで通ったので、2019年度第3回実用英語技能検定2級二次試験を受験してきました。

2020年1月26日に受験した、2019年度第3回実用英語技能検定2級一次試験の試験結果が掲示されました。 合否閲覧サービス ...

受験会場

弘前大学での受験となりました。

国立大学法人 弘前大学公式Webサイト。大学案内、入試情報、受験情報、研究・産学・地域連携、国際交流・留学、シラバス、就職情報など、弘前大学に関する情報を掲載しています。

会場入り

自宅で家族と一緒に昼食をとり、過去問の問題と解答を声に出して読んでから13:15に会場入りしました。

総合教育棟の入口から入り、2階で受付し、スマートフォンをしまう袋を渡されました。

受験者控室に入室し、面接カードに受験会場や受験番号、氏名等を記載してしばし待機。

試験開始前

隣の教室が面接会場のようで、数名ずつ呼び出されて、面接会場前で待つ形式でした。

30分程テキストを読みながら待機していると、呼び出されて面接会場前へ移動しました。

受験票と面接カードを係の方に渡し、本人確認後に面接カードだけ手渡されます。

今回は新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大防止のため、マスクをつけたまま試験実施とのこと。

面接の準備が出来たら、荷物を面接室の前のソファーに置いて、面接室に入りました。

試験開始

自分の前の受験者がノックして「May I Come In?」と言ってから入室していたので、自分も同じスタイルで入室することにしました。

入室して挨拶を交わし、面接官に面接カードを渡します。

その後、椅子に座って氏名を尋ねられます。氏名を伝えた後で、軽く話した後に問題カードを受け取りました。

文章の黙読を20秒した後に、文章の音読を行います。ここはそれなりにこなします。

音読した後は文章についての質問をされます。

質問事項に一致する箇所をしばらく探して、「By ~ing」から初めていい感じにつなげて回答。

続いてイラストを見ながら20秒説明を考えます。

その後、イラストの説明を行いますが、これも過去問で見たのと類似した問題だったので、それなりにスムーズに話せました。

問題カードを裏返すように伝えられ、裏返したあとは2つの質問に関する意見を述べます。

1つ目の質問も、2つ目の質問も、過去問で見た事があるのと類似した問題でしたが、いざ意見を述べるとなると、言いたい単語がなかなかつながらずにしどろもどろに。。。

何とか考えながら、主旨に沿った感じでいずれも2文くらいを述べました。

回答終わっても、終わったのかな?的な反応をされたので、後半部分は微妙すぎる。。。

問題カードを面接官に返し、挨拶をして退出し、試験終了となりました。

感想

漢検準1級の試験終了から、過去問のCDを聞きつつ、問題と解答を声に出して読んだりしながら、どうにか自分の型にはめられるパターンを練習してきました。

前半2問の音読と質問、イラストの説明に関しては、それなりに型にはめられる感じまで仕上げられましたが、やはり後半2問の解答したい内容を即座に組み立てるところまでは習熟できてませんでした。

トレッドミル走りながら、ずっと英語を聞いてたから、リスニングに関しては困らなかったのですが、スピーキングがスムーズに出てくるところまではまだまだという感じです。

帰り道には有形文化財をカフェにした弘大カフェが見え、気になりましたが試験後は走ってスッキリしたかったのでスルーしちゃいました。

合否結果閲覧は2020年3月10日 13:00~とのこと。

後半部分が微妙すぎるので期待薄ですが、結果通知を待つ事としましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク