牛(求聞寺) スマホバッテリー切れで無念の途中終了

2021年の描き初めで、やっさん作の牛(求聞寺)にチャレンジしてきました。

牛(求聞寺)Ox in around Gomonji Temple距離: 29km 主な観光スポット: 求聞寺(津軽の丑寅の一代様)  Gomonji Te&

岩木山神社

早朝5:45に岩木山神社に車で到着。

端っこに停めて少々歩いて求聞寺の看板から5:50スタート。

序盤は圧雪された大き目の道なので、ゆるゆると路肩を走ります。

高照神社の看板が見えましたが、正規ルートは雪深い側道を通す模様www

高照神社前で写真をと思いましたが、外気温-8℃ともなるとスマホが勝手に再起動し始めるorz

スマホがないとルートがわかりまへーんと、スマホをグローブと手のひらの間に入れてひたすら手をこすりつつスマホの温度を上げて何とか起動するようになりました。

小路に入ると電灯もなく、街の灯りが綺麗に見えますねー。極寒だけど。

序盤で様子見なので圧雪された道で回避しつつ40分経過で4kmも進んでない。。。

しばらく除雪された大通りを走り時刻は7:00。

スタートから7.5kmで牛の顔のあたりに差し掛かると、一度除雪が入った感じはあるけど…という道に突入。

顔のカーブを考えると除雪された大通りに逃げるわけにも行かないなーと突き進むと、膝下くらいまでの雪やぶ状態にorz

ここまで来ちゃったから戻ったら牛に見えないと、膝下の雪やぶをゼーハーと一歩一歩踏みしめて進みます。

朝陽でオレンジに染まる雲と、街が遠くに見える感じが、更なる雪やぶの予感orz

振り返ってもりんご畑と、自分の足跡しか見えねーwww

それでも下りに差し掛かると、雪やぶの高さが少しずつ緩和されて、やっとこさっとこ除雪車が入る大き目の道路に戻って来ました。

牛の口と鈴のあたりを描いて後長根川を渡って時刻は7:30。まだ10.3kmしか進んでません。

しばらく除雪された道路を気持ちよく走って野市里を通過。

前足部分に突入すると再び膝下までの雪やぶに突入。

1回目で慣れたとはいえ、全然進まずにゼーハーして時間だけが過ぎて行くこの感じは焦る焦る。

アップルロードに出るとしばらくは除雪されてて、気持ちいいペースでしばらく進むも足を綺麗に描くためには雪やぶルートしかないのかーorz

降りしきる雪も強くなりつつある中、りんご畑を突っ切る凶荒ルートwww

スタートから2時間40分で14kmしか進めてない。。。

なんとか激ヤバなりんご畑ルートを抜けたけど、スマホのバッテリー残量が19%となかなかのピンチに。。。

ここからは除雪されたいい感じのルートのみっぽいので、スマホで地図を見る頻度を下げてスピードアップ。

あー温泉入りたいー。雪やぶこぎ過ぎて防水のトレッキングシューズも冷たさを感じてきました。

天候は若干回復して時刻は9:00。観光りんご園前を通過。

ここから後ろ足のパートへ突入したあたりで、スマホのバッテリーが10%切ってシャットダウンを始めるorz

スタート位置まで戻るルートはなんとか把握できてたので、時間を気にしつつスマホを温めつつ走ります。

スタートから3時間50分で求聞寺看板までなんとか帰還し、そのまま求聞寺参拝してゴールとなりました。

スマホは電源は点くものの、起動後にすぐシャットダウンしちゃうので、求聞寺の撮影もできずそのまま帰還となりました。

感想

2021年の描き初めは、無念の途中終了となってしまいましたorz

せっかくの干支コースなのに2021が描けず仕舞いとは切ないことこの上ない。。。

岩木山神社付近からスタートだから、除雪されたルートが多いかなという読みでしたが、結構な雪やぶルートが散りばめられてて、モバイルバッテリーなしでは踏破できませんなこりゃ。

-8℃ともなるとスマホも機能しないというのも初体験だったし、スマホは温めないといけないとかいい勉強になりました。

今回は外周だけでしたが、なかなかいい感じのシルエットになったのと、めっちゃやぶこぎした達成感もありました。

再度雪やぶアタックする気力はないので、雪がとけてからリベンジさせていただく所存です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク