コンタクトセンタースーパーバイザー完全マニュアルを購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開始時刻が不定なビジネス実務マナー検定1級面接試験の遠征と、抱き合わせで申し込みできそうな試験を検討していたところ、コンタクトセンター検定が面白そうと感じ、早速テキストを購入しました。

コンタクトセンター検定とは

受験のメリット

お客様サービスのスキルを証明

“顧客対応力の高さ”を資格として認定。就職活動時のスキル証明に効果的。

実践の現場で役立つ

コンタクトセンターにおけるコンピテンシー(高い成果を継続的に上げるための行動特性)を体系化した認定内容。

未就業者からプロまで対応

オペレーションレベルからプロフェッショナルレベルまで、経験と役割に応じた実務スキルを証明。

スーパーバイザー資格(SV) -CMBOK2.0版-

問題数

80問

出題形式

選択問題

試験時間

90分

試験形式

コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式

受験料

一般価格:8,640円

会員価格: 7,776円

合格基準

スコア500以上

正答数から項目応答理論を用いた能力値を算出します。

能力値は200から800の値をとる評価得点で表し、スコア500以上を合格とします。

詳細

感想

試験分野的に情報処理技術者試験のITサービスマネージャに近い感じでしょうか。

練習問題を見た感じだと四択のみと思われるため、難易度はそれほど高くなさそうですね。

例年の合格率を見ても70%以上で推移しているため、テキストを一通り読んで練習問題の誤答部分を復習する程度で大丈夫と予想しています。

プロフェッショナル資格も気になるところですが、年1回札幌、東京、大阪、福岡での開催で記述もあるとのことなので、後々考えることにします。

面接試験の時間が分かり次第申し込み予定ですが、果たして申し込み間に合うのだろうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です