珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは五種類のフレーバーで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試験勉強の合間に小説を読み始めると、なぜか止まらなくなることないですか?

またまた職場の先輩からおすすめの小説が流れてきました。

内容説明

著者:岡崎琢磨
『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ

美星バリスタが解く、
亡き大叔母の優しい謎。

京都の珈琲店《タレーラン》の庭に植えられたレモンの樹の
秘密を描いた「純喫茶タレーランの庭で」をはじめ、
五つの“日常の謎”を描いたシリーズ第4弾。

書き下ろし掌編も特別収録!

「主人公はレモンが書店で爆発する場面を想像して、辛気くさい思いを晴らしたんやったな」――五年前に失意の美星を救ったのは、いまは亡き大叔母が仕掛けた小さな“謎”だった――。京都にひっそりとたたずむ珈琲店《タレーラン》の庭に植えられたレモンの樹の秘密を描いた「純喫茶タレーランの庭で」をはじめ、五つの事件と書き下ろしショート・ショートを特別収録したミステリー短編集。

(珈琲店タレーランの事件簿4│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネルより引用)

感想

「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズは前作3冊も読みました。

主人公:切間美星バリスタをメインにしたストーリー展開が好みだったのですが、今作はストーリー展開に驚きはあるものの、登場人物のキャラクターが前面に出てこない構成でした。

短編集なのでそこまで作品の雰囲気を重視してないのかも。

少々淡泊な感じでしたが、合間に読むにはこのくらいが良いかもしれませんね。

先輩!次お待ちしてます。一気読みしそう・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です