地域限定保育士試験実施のご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士筆記試験受験票と一緒に、地域限定保育士試験実施のご案内が来ていました。

地域限定保育士試験の概要

・ 地域限定保育士試験の合格者は、地域限定保育士として登録後、3年間は受験した自治体(特区区域内)のみで保育士として働くことができる資格が付与されます。

・ 地域限定保育士の登録を行ってから3年を経過すれば、全国で「保育士」として働くことができます。

・ 通常の保育士試験で合格した科目については、地域限定保育士試験においても免除されます。

また、地域限定保育士試験で合格した科目も、次回以降の保育士試験において免除できます。

※ 上記以外の事項(受験資格や免除制度等)については、基本的に通常の保育士試験と同じ取扱いとなります。

詳細

感想

待機児童問題等、保育士の人材不足による問題解消のために、試験を年2回に増やした感じでしょうか。

地域限定保育士の登録を行ってから3年経過すれば、実務経験なしでも自動で保育士資格にアップグレードされるのでしょうか。

取得しようと思ってもなかなか取得できなさそうですので、筆記試験の自己採点結果がNGなら申し込みしてみますか。

試験回数増やして人材不足が解消するなら、実技試験の合格率は高いんだから、現状マークシートの筆記試験をCBT方式にする方が合格者は増える気がしますけどね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です