平成28年度保育士試験[前期]実技試験受験報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

救済措置により急遽受験となりましたが、本日受験してきました。

平成28年度保育士試験[前期]実技試験受験票が届きました
2016年4月23日、24日に受験した保育士試験[前期]筆記試験結果が来ていました。 実技試験受験票??? 受験報告にも...

受験会場

筆記試験と同様に、青森中央短期大学での受験でした。

受験者がどのくらいいるのかわからず、会場に駐車できるか不安だったため、青森市スポーツ広場に駐車して徒歩で向かったのですが…

運転中にかけていたサングラスのまま会場に向かっていることに途中で気づき、急いで車に戻り再び会場へ。

会場入り

20160703-02

入口付近で8時40分を過ぎそうな感じ。ギターのハードケースを片手にダッシュで9号館へ向かいます。

というか9号館ってどこでしたっけ?

20160703-03

親切な案内板にしたがって、これまたダッシュで向かいます。

20160703-04

朝一のハプニングで、ガイダンスにギリギリ間に合う始末。

なんとか8時44分に最後部の座席に着席しました。

実技試験にあたっての諸注意

20160703-01

注意事項と試験時間のスケジュールが書かれた紙が配布されました。

青森県会場での受験者は35名。

受験番号と造形・音楽・言語の試験開始時間が記載されています。

音楽表現・言語表現は、試験の20分前までに待機室で待機するようにとのこと。

受験前から汗だくとなってしまい、細かいことはあまり聞いていなかったので割愛。

音楽表現

20160703-05

ガイダンスが終わると、早速音楽表現の待機室へ移動します。

20160703-06

待機室には私を含めて5名の受験者が待機していました。

男性は私だけ。

そしてもちろんギター持込みも私だけ。。。

待機室の中に、ギターチューニング用の椅子がありましたが、前方には「会場内での声や音を出しての練習は一切禁止」とあります。

んー。

自宅でチューニングしてきたから大丈夫…だと思う。

ということでそのまま待機。

そのうち係員の方が受験者5名の受験番号と氏名を確認し、試験室前へ誘導してくれました。

試験室前へ

試験室前には5名分の椅子があり、試験を受ける順に座ってくださいと言われたのですが。。。

ギターのハードケースが邪魔で、何とかお願いして端っこの席にしてもらいました。

係員の方が、一人ずつ試験会場に入って、荷物を置いた後、2名の採点委員にシールを1枚ずつわたし、受験番号と氏名を言い、受験票を荷物置き場に置いて試験開始となります、と説明してくれました。

先の順番の方々がピアノで受験されており、めっちゃ上手!というプレッシャーを受けながら、私の番になりました。

試験室へ

ギターはすぐ弾けるように準備してくださいということで、ハードケースはどうやっても荷物置き場まで持って行けねー!ということで、ハードケースと荷物を残して中へ。

譜面台に楽譜を置き、椅子にギターを立てかけて、採点委員にシールを渡して自己紹介。

ギターを構えて試験開始となりました。

試験開始

「かたつむり」の前奏で、ネックを押さえる指が若干震え気味。。。

ですが、歌はのびのびと滞りなく歌いました。

「オバケなんてないさ」は、1小節目の伴奏が若干もたつく感じでしたが、こちらも歌は滞りなく歌いました。

途中、コードチェンジが微妙にずれた感じを、何とかごまかしながら試験終了となりました。

一旦会場を後に

どでかいハードケースを持ったまま待機するのも悪目立ちしすぎるので、一旦駐車場へギターケースを置きに行きました。

その道中で、言語表現の「うさぎとかめ」を復習します。

スマホのタイマーを3分にセットし、歩きながらぶつぶつつぶやく、ハードケースを持ったアラフォーのおっさん。

はたから見ると超怪しい。。。

言語表現

写真とり忘れた。。。

試験時間の20分前くらいに待機室に入りました。

しばらくすると、係員の方が3名の受験者を呼び出しました。

音楽表現と同様に、前の人が終わったら、一人ずつ試験室に入って試験となります。

待機時間も頭の中で「うさぎとかめ」を繰り返し、私の順番になりました。

試験開始

試験室に入ると、受験者用の椅子と、子供の絵が貼ってあるセノビーが2つ。

その向こうに採点委員が座っていて、片隅にタイムキーパーがいる状況でした。

荷物を置き、シールを渡して自己紹介。

椅子に腰かけて試験開始となりました。

「うさぎとかめ」はじまりはじまりー!

おしまい。

で、とどこおりなくお話し自体はできたのですが、若干声を張りすぎた感じと、終了後7~8秒時間が余ったので、少々早口になってたのかも。

まぁ、途中で止まらず、ある程度キャラ設定してお話しできたので、よしとしよう。

感想

今まで受験した面接試験と比べれば、比較的リラックスして受験できたので、感触的には良かったかなと思います。

採点委員の方の服装が意外にラフだったのも、それほど緊張しなかった要因の一つでしょうか。

スーツでビシッときめている試験官を前にすると、どうしても緊張してしまう。。。

まずは合格していることを願いつつ、合格通知を楽しみに待ちたいと思います。

しかし試験対策時間自体はそうでもなかったけど、小分けに何度も対策したなー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です