平成28年保育士試験受検の手引き[前期申請用]が到着しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットで請求した平成28年保育士試験受験の手引きが到着しました。

平成28年保育士試験受験の手引きを請求しました
平成28年保育士試験受験の手引きを請求が開始されました。 平成27年試験では、保育原理、教育原理を落としてしまったので、早速受験の手引...

昨年は紙の封筒だったのですが、今年はスッケスケの乳白色ポリエチレンに入って来ました。

こちらの方がコストかからないのでしょうかね。中身ばれするのが玉に瑕です。。。

受験の手引き

20160107-03

実技試験について

音楽表現に関する技術

幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする。

求められる力:保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること。

課題曲

1.「かたつむり」(文部省唱歌)

2.「オバケなんてないさ」(作詞 まき みのり・ 作曲 峯 陽)

言語表現に関する技術

3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、下記の1 ~ 4のお話のうち一つを選択し、子どもが集中して聴けるようなお話を行う。

求められる力:保育士として必要な基本的な声の出し方、表現上の技術、幼児に対する話し方ができること。

課題

1.「うさぎとかめ」

2.「おむすびころりん」

3.「3びきのこぶた」

4.「にんじん、ごぼう、だいこん」

平成28年2回目の保育士試験実施について

平成28年より、4月(筆記)、7月(実技)に加えて、10月(筆記)、12月(実技)に2回目の試験を実施します。

併せて、平成27年7月15日に公布された「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」により、創設された「地域限定保育士(正式名称:国家戦略特別区域限定保育士)試験」も同日に実施します。

■ 後期実施(2回目試験・地域限定保育士試験)日程

筆記試験 平成28年10月22日(土)・23日(日)
実技試験 平成28年12月11日(日)

意気込み

今年は後期試験が44都道府県で行われるようで、年2回の受験が可能になったみたいですね。

科目合格の3年縛りがあるから、受験生にとっては気が楽になります。といって気を抜いてはいけないですけど。。。

筆記試験の科目順が昨年と違うことはさておき、気持ちは実技試験へ行ってしまいます。

言語表現に関する技術は昨年と同様ですが、音楽表現に関する技術は、課題曲が昨年の「海」「ちびっか・ぶーん」から、「かたつむり」「オバケなんてないさ」に変わっています。

ギターでの受験予定のため、昨年課題曲よりコードが簡単そうで一安心。

どちらも娘と一緒に頻回に歌っていた曲なので、今回は合格せよとのお告げでしょうかね。

実家にアコギを取りに行くタイミングを考えよう。それとも新しいの買っちゃおうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です