サーティファイAccessビジネスデータベース技能認定試験1級(2010)受験報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みしていたサーティファイAccessビジネスデータベース技能認定試験受験してきました。

サーティファイAccessビジネスデータベース技能認定試験1級(2010)申し込み
先日のサーティファイWord文書処理技能認定試験1級(2010)合格に気をよくして、Access1級も申し込みしました。 Accessビジ...

いつもなら試験前日までに勉強した内容の棚卸しをしているのですが、今回は前日が飲み会だったためなしです。

受験会場

Excel、Word試験と同様に、弘前市駅前にあるパソコンスクールJOYでの受験です。

会場入り

試験開始が13:00だったのですが、どうせ1人で受験だろうと5分前に到着しました。

しかし、今回は私の他に5名の受験者がいて、どう見ても私待ちの状況でスタンバイ済みといった状況でした。

一緒に受験したみなさんごめんなさい。今度からは15分前には入りますね。

知識試験

問題数20問を15分で解答します。問題集からの出題が7割くらいでしょうか。微妙に悩む問題もありました。

開始5分で解答し終え、見直しも3分で終了。

残りの7分は、目をつぶって実技試験で出題される問題傾向を頭に浮かべて過ごしました。

実技試験

知識試験が終了すると、その後実技試験に入ります。

120分間で、連続したテーマによる大問形式6問に沿って、実際のAccessファイルに変更を加えていきます。

今回の試験は大まかに下記範囲でした。

  1. 既存テーブルへのインポート
  2. テーブルのリレーションシップ設定
  3. クエリの作成
  4. フォームの作成、編集
  5. レポートの作成、編集
  6. マクロの登録、設定、初期起動フォーム設定

問題集の模擬試験を2パターンこなしていれば問題なく解答できるレベルでした。

レポートの作成で手順を飛ばしていて、再作成したりで微妙に時間がとられましたが、100分で試験終了しました。

学習経緯

開始日

2015年07月04日

総時間

8時間

内訳

1級 知識練習問題1~7 3周

1級 模擬問題1~2 知識 3周

1級 模擬問題1~2 実技 1周

感想

知識問題、実技問題共に70%以上はとれている手ごたえでした。

前半でつまずかなければ実技試験は時間が足りなくなることはありませんでした。

今回はExcelとAccessの1~3級の試験が一緒に行われていたため、集中して操作している最中に3級の試験終了の説明があったりと、微妙に集中力がそがれてしまいました。

前日の飲み会で少々飲みすぎたのか、試験中はおなかが鳴りまくっていいたのも集中力がそがれる原因となってしまいました。

やっぱり一人で受験が一番!そして前日は飲み会入れない!

今回合格していたら、PowerPoint上級取得でオフィスマスター。もうひと頑張りですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です