ビジネス統計スペシャリスト申し込みしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス実務マナー検定1級面接試験と抱き合わせで、コンタクトセンター検定を入れていたのですが、面接試験が午前中の予想だったのに15:20スタートだったため、午前ががら空き。。。

せっかくなので今から申し込めるビジネス統計スペシャリストを午前中に突っ込むことにしました。

ビジネス統計スペシャリストとは

「ビジネス統計スペシャリスト」は、株式会社オデッセイ コミュニケーションズが主催する”データ分析の実践力”を評価する資格です。

一般のビジネスパーソンにとってビジネス実務で必要なデータ分析スキルは、確率分布や仮説検定、推定などの統計知識とコンピューターで分析ツールを使用してデータを扱う分析技能に大きく分類できます。

また、多くのビジネスパーソンがコンピューターでデータを分析するのに身近で強力なツールはエクセルです。

このような状況を背景に、ビジネス統計スペシャリストでは、データ分析の”実践”に重点を置き、身近に活用できるエクセルを使用したデータ分析技能と、分析結果を正確に理解し応用する能力を評価する試験科目「エクセル分析スペシャリスト」を実施しています。

エクセル分析スペシャリスト : 試験概要

エクセル分析スペシャリストは、統計の基礎知識(知識問題)とエクセルによる統計分析技能(操作問題)を証明する資格です。

項目 内容
問題数 30問(知識問題20問、操作問題10問)
出題形式 択一問題、穴埋め問題

※試験問題は、統計の基礎知識を問う知識編とエクセルの実技操作を伴う操作編が出題されます。

知識編は、択一問題に解答します。操作編は、エクセルを操作してデータを分析し、分析結果をもとに択一問題もしくは数字や文字を入力する穴埋め問題に解答します。

Excelバージョン 操作編の問題ではExcel2007、Excel2010、Excel2013のいずれかを使用します。

Excelバージョンは、ご受験になる会場により異なります。

お客様がExcelバージョンを選択することはできませんが、操作性に大きな違いはありません。

操作編の画面解説とExcelバージョンによる違いを解説した資料をご覧ください。

試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 700点(1000点満点)
受験料 一般価格 10,584円(9,800円+消費税8%)

割引価格※ 8,640円(8,000円+消費税8%)

※割引価格はMOS、IC3、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験の資格を1つでも取得している方に適用されます。割引価格の利用方法は「割引受験制度」をご覧ください。

詳細

意気込み

まだテキストも購入していませんが、申し込み期限が近いので勢いで申し込みしてしまいました。

Excelの扱いは大丈夫だと思いますが、統計に関する知識はQC検定の知識くらいしかないので、仕込みにどの程度かかるのかが勝負どころかなと。

テキストも購入せねば。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です