ビジネス文書検定問題集を購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一つ試験が終わると、次何にしようかと思ってしまう今日この頃。

次は会社の推奨資格でもあるビジネス文書検定の問題集を購入してみました。

ビジネス文書検定とは

ビジネス文書検定は「書き表す能力の育成」をめざしています。

ビジネス文書には,一定の型や特有の言い回しがあり,それを会得することによって,ビジネスで使われる基本的な文書が書けるようになります。
例えば「拝啓 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜わり,厚く御礼申し上げます」。このような言い回しです。
学生の皆さんには馴染みがないと思いますが,社会に出れば知っていて当然、となります。

ビジネス文書を使いこなすことは,社会人のたしなみです。礼状や案内文などをさらさらっと書けるようになりたいですね。

(実務技能検定協会HPより引用)

受験要領

ビジネス文書検定受験要領

内容

下記3領域から出題されます。

  1. 表記技能(総合、用字、用語、書式)
  2. 表現技能(正確な文章、分かりやすい文章、礼儀正しい文章)
  3. 実務技能(社内文書、社外文書、文書の取り扱い)

表記技能は、漢字の読み書き、語句の意味や用例、昇進祝いの文書穴埋めなど。

表現技能は、文書の指摘/訂正、グラフ作成など。

実務技能は、与えられた素材から案内状やあいさつ状など、社外文書を作成する記述式の問題が出題されます。

ビジネス実務マナー検定の記述と同様に、過去問の回数をこなしてパターンを叩き込めば行けそうな感じです。

※ビジネス実務マナー検定より、1級と2級の差がなさそうに見えます。

7月だと準備期間が少なさそうなので、12月をターゲットにします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です