ブルーマーダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誉田哲也作品に関しては、ストロベリーナイトから始まった姫川玲子シリーズはドラマきっかけで読んでいます。

出張時にたまたま見かけて購入してしまいました。

内容説明

池袋の繁華街。雑居ビルの空き室で、全身二十ヵ所近くを骨折した暴力団組長の死体が見つかった。

さらに半グレ集団のOBと不良中国人が同じ手口で殺害される。

池袋署の刑事・姫川玲子は、裏社会を恐怖で支配する怪物の存在に気づく――。

圧倒的な戦闘力で夜の街を震撼させる連続殺人鬼の正体とその目的とは?

超弩級のスリルと興奮!

大ヒットシリーズ第六弾。

(ブルーマーダー 誉田哲也 | 光文社文庫 | 光文社より引用)

詳細

感想

暴力団、半グレ集団、チャイニーズマフィアを震え上がらせる「ブルーマーダー」。

「ブルーマーダー」がどのように誕生したのかと、連続殺人を追う警察側の捜査が交互に展開するリズミカルな展開。

連続殺人事件の描写が必要以上にグロい気もしますが、本筋は興味深く、正義とは何か考えさせられる部分もあります。

警視庁の組織犯罪対策課に関係した利権がらみの内容や、バラバラになった姫川班のその後も一部見えて、シリーズで読まれている方には楽しめる内容です。

ちなみにドラマから入ったためか、キャラクターがキャストに置き換わってイメージされてしまいます。

姫川玲子=竹内結子

菊田和男=西島秀俊

勝俣健作=武田鉄矢

井岡博満=生瀬勝久

本から入ったらまた違ったかもしれませんが、イメージがあっているから違和感が少ないのでしょうね。

シリーズで読まれている方にはおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です