バハダⅢを購入しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年は長めのトレイルレースも増やそうとしていますが、足元が数年物のナイキワイルドトレイルだとやっぱり心もとない。。。

という事で、いろいろお値段とお財布と相談した結果、コロンビアモントレイルのバハダⅢを購入してみました。

バハダⅢ

これまで数多くのランナーに愛用されてきたバハダシリーズの第3作目。
癖のない履き心地とグリップ性はそのままに、履き心地をアップグレードしました。
地面をしっかり捉える細かな突起のソールは、土のトレイルで定評があります。

【アッパー】

ソフトな履き口と足の甲を覆うシュータンが屈したを履いたような履き心地を実現。
岩や木の根によるシューズ側面の擦れを防ぐために耐磨耗素材を配置。

【ミッドソール】

フリューイッドフォームのクッション性、柔軟性とがレース前半から後半まで足をしっかりサポート。
着地衝撃などから足を守り、疲れを軽減します。

【アウトソール】

ミッドソールと同一素材を一体成型したトレイルシールドが、足裏からの突き上げからしっかりガード。
強力なフリクションと耐久性のラバーと細かい凹凸のソール面が地面をしっかりと捉えます。
前足部に彫られた溝が屈曲性を高めます。

感想

んー。特徴的ないい色合いですねー。

履き心地はソフトでロード用シューズから履き替えてもさほど違和感ありませんでした。

トレイル用という事で、1サイズ大き目の27.5cmにしましたが、ちょびっと爪先余り気味な感じもあります。

ロード用シューズと同じサイズでも良かったかもしれませんね。

ブルックスカスケディアとかカルデラとか、ホカとか…とかいろいろ迷いましたが、お値段8,000円程度で購入できたので決めちゃいました。

アウトソールのグリップ感は、実践で試してみないとまだわかりませんね。

5月・6月のトレイルで試してみて、大雪山まで行っちゃいたいと思います。

(2018/05/14 追記)

第1回みちのく津軽あじゃらで遊ぶトレイルフルマラソンで使ってきました。

普段のロード用のシューズは26.5cm。シューズの型によっては27cmの時もありますが、バハダⅢは若干つま先余りな感じもありました。

シューレースをきっちり結べば、シューズ内での遊びがちょうどいい感じかなと思いますが、今回のレースで右足のシューレースがゆるかったのか、親指の内側にマメができてました。

アウトソールのグリップ感はいい感じだったので、次回はシューレースをきつめにして試してみて、ダメだったらインソールを変えるなど検討したいと思います。

今回のレース、同じシューズで参戦している方が何人もいて、ちょっぴり嬉しくなっちゃいました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします。
にほんブログ村 資格ブログへ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です